犬の雨の日の散歩に便利なグッズ!レインコートは?傘は?

外で排泄する習慣がついているワンちゃんは、雨の日でも散歩に行かないといけません。

雨の日の犬の散歩に役立つ、レインコートや傘などの便利な犬用レイングッズをご紹介します。

スポンサードリンク

雨の日の犬の散歩に役立つ便利グッズ

梅雨時など雨が続くと犬の散歩も大変ですよね。

私が昔飼っていた犬も、トイレは外ですませる習慣だったので雨が降ろうが台風が来ようが、大雪が降ろうが、朝晩の散歩が欠かせませんでした。

人間はレインコート着て長靴を履けばまだなんとか濡れずにすみますが、犬は毎回びしょ濡れになってしまうし、足やお腹は泥だらけになってしまうから、帰った後がまた大変で。

嫌がって逃げる犬を捕まえてタオルで体中拭いてやるのに一苦労でした。

当時は犬用のレイングッズってあまりなかったのですが、今は便利な物がいろいろ出ていますので、そちらをご紹介します。

スポンサードリンク

雨の日の散歩に役立つ犬用レイングッズ

◆犬用レインコート

雨の日のお散歩で良く見かけるのが犬用レインコートです。着脱が簡単なポンチョタイプや、しっかり足までガードしてくれるズボン付きのタイプなどがあります。

・ポンチョタイプのレインコート

足を通さなくても、背中からかぶせて留めるだけでOKなので、着脱が簡単です。持ち運びも簡単なので、散歩バッグに入れておけば急に雨が降ってきても安心です。

フードがついているので背中と頭は濡れずにすみますが、お腹が濡れてしまうのが欠点です。足の短い犬種だとお腹と胸が泥だらけになってしまいますので、お腹も汚したくない場合は違うタイプのレインコートを選んだ方が良いと思います。

・フルカバータイプのレインコート

ポンチョタイプと違い、足やお腹も覆うタイプのレインコートです。

背中や頭だけでなくお腹や足も濡れないので汚れる面積が少なくてすみます。お散歩から帰った後のケアが楽になりそうです。

ただ、足を通さないといけないので着せるのに少し手間がかかります。嫌がるワンちゃんもいるでしょうし、慣れないと着せにくいかもしれません。

・エプロンタイプのレインコート

雨が上がってからも道路が濡れているとお腹が泥はねで汚れてしまいますよね。雨上がりのお散歩にはエプロンのレインコートがあるとお腹周りをカバーしてくれるので便利です。

エプロンタイプにはお腹周りだけをカバーするものの他に、袖がついていて前足と脇の下もカバーしてくれるタイプのものもあります。

コーギーやダックスフンドなど、足が短い犬種はお腹が汚れやすいので、雨上がりのお散歩はエプロンタイプのレインコートを着せておくとお腹を汚れからカバーしてくれるのでお散歩後のケアが楽になります。

◆レインブーツ

雨の日や雨上がりのお散歩で泥だらけになってしまう足の裏をガードしてくれます。

雨の日以外にも、夏場などアスファルトが熱いときの保護にも使えます。

昔実家で飼っていた犬は老犬になってから肉球が薄くなってしまい、長い時間散歩をさせると肉球から出血してしまうことがありました。

雨の日に限らず、足の裏がデリケートな犬には、肉球を傷めずにお散歩ができて良いのではと思います。

犬は前足と後ろ足でサイズが違いますので、肉球から爪さきまでの長さをしっかりと測り、適正なサイズを選んであげてください。

◆犬用傘

テレビなどでも紹介されたことがある、犬用の傘です。普通の傘とは逆の形になっていて、リードと繋がっているので人間が犬に傘をさしてあげながらお散歩できるようになっています。

レインコートのように着せる手間がかからず、小雨くらいなら濡れずにすみますが、どしゃぶりになってしまうと濡れてしまうかもしれません。

また、傘のつくりから、犬が前を歩くようになります。人の横を歩くようにしつけるのには不向きかなと思います。

まとめ

雨の日の犬のお散歩に便利なレイングッズをご紹介しました。

どれも慣れないと最初は嫌がるかもしれませんので、いきなり雨の日に使わず、天気の良い日に使って慣れさせておきましょう。

雨の中のお散歩はつい面倒だなと思ってしまいますが、レイングッズを活用して少しでも楽にお散歩が楽しめると良いですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!