妊娠中の脇の黒ずみは放っておいても大丈夫?ケアした方が良い?

妊娠中はいろいろな体の変化に悩まされますが、脇の黒ずみもそんな悩ましい変化の一つです。

脇の下の黒ずみができる原因や、放っておいても大丈夫なのか、ケアする場合はどうすればよいのかについてご紹介します。

スポンサードリンク

妊娠中の脇の黒ずみの原因は?

ふと鏡でみたら、脇の下がやけに黒い…このまま黒いままだったらどうしよう…

そんな風にお悩みではありませんか?

私も実はそうでした。

妊娠中にお風呂で何気なく脇の下に目をやったら何だか黒っぽく見えて、急いで鏡で確認したら、妊娠前と比べると黒ずんでいてすごくびっくりしたんです。

脇って顔と違って毎日鏡で見る場所でもないから、いつからそんなに黒くなっていたのかもわからなくて。

でも、それって全然珍しいことではなくて、妊娠中にはよくあることなんです。

妊娠中に脇が黒ずむのは、女性ホルモンの変化が原因です。

妊娠20週くらいから体の中ではエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)という2つの女性ホルモンの分泌が急激に増加していくのですが、これの女性ホルモンはメラニン色素の色素細胞であるメラノサイトを刺激して肌内部のメラニン色素が増えて行きます。

メラニン色素が増えたことで色素沈着が起こりやすくなり、黒ずみができやすくなるんです。

脇以外にも乳首や乳輪、外陰部などメラニン色素が多い部分は黒ずみやすくなります。

個人差はありますが、かなり黒ずみますから、このまま消えなかったらどうしようと不安に思われる方も多いかと思います。

私もとても不安でしたが、妊娠中の脇の黒ずみはホルモンバランスが原因ですから、産後ホルモンバランスが元の状態に戻ると徐々に薄くなっていって元に戻ります

私も今ではあんなに黒かったのが嘘のように、脇の下は元通りになりました。

出産したからと言ってすぐに黒ずみが消えるわけではなく、時間をかかえて段々と薄くなっていったので元に戻るまでは数か月かかりましたが、放っておいても自然と消えますのでそんなに心配しなくても大丈夫ですよ。

妊娠中の脇の黒ずみのケア方法

私の場合は妊娠・出産がちょうど半袖を着なくても済む時期だったのでのんびり構えていましたが、暑い時期だとそうもいきませんよね。

できるだけ早く脇の黒ずみをなんとかしたいという方のためのケア方法をご紹介します。

・しっかり保湿する

お風呂の後に保湿ケアを行い、肌のターンオーバー(新陳代謝)を促しましょう。ターンオーバーが高まると古い角質がはがれやすくなり、肌が生まれ変わりますので、元の肌に戻る近道です。

スポンサードリンク

ローションやクリームでケアする際には保湿効果が高いだけでなく、ターンオーバーを促す効果があるものや、メラニンを抑制するビタミンC誘導体などの美白成分を配合したものを選ぶと良いですよ。

・刺激を与えない

黒ずみがあるとつい早く落とそうとゴシゴシ洗いたくなりますが、脇の皮膚は薄くてデリケートなので、強くこすると肌を傷めてしまいます。お風呂で洗うときにはこすらずに優しく洗いましょう。

ムダ毛処理をした際のダメージが黒ずみの原因になる場合もありますので、ムダ毛処理をする際には肌に負担をかけないように気を付けてください。

妊娠中のムダ毛処理についてはこちらの記事を参考にしてください⇒妊娠中はムダ毛が濃くなる?ムダ毛処理はどうすればいい?

・ビタミンEを摂るようにする

ビタミンEには抗酸化作用の他に血行を良くして肌の新陳代謝を高める効果があります。かぼちゃやモロヘイヤ、ほうれん草、大根、さつまいも、アーモンドなどにはビタミンEが多く含まれていますので、そういった食材を毎日摂るようにするのも良いと思います。

・専用のクリームやピーリングを使う

黒ずみ専用のクリームやピーリングを使う方法もあります。

ただ、妊娠中の肌はとてもデリケートですので、ピーリングはやりすぎると逆に肌を傷めてしまう可能性があります。ピーリングを行う際には肌に負担をかけないように気を付けるようにしましょう。

心配な場合はピーリングを行うのは妊娠中は避け、産後に行った方が良いと思います。

ピーリングよりは黒ずみケア用のクリームやジェルでケアしてあげた方が、肌への負担は少ないと思います。



こちらの「薬用アットベリー」は脇やバストトップの黒ずみ専用のケアクリームです。

女性誌で何度も取り上げられているので、名前を知っている方もいらっしゃるかもしれませんね。

5種類の美白成分と6種類の保湿成分が含まれており、肌をしっかりと保湿しながら黒ずみをケアしてくれます。消臭成分も含まれていますので、脇の気になる匂いも防いでくれます。

無添加で低刺激ですが、妊娠中にお使いになる場合はお医者さんに相談してから使うようにしてください。

まとめ

妊娠中の脇の黒ずみは産後次第に元に戻っていきます。

ケアをする場合は肌に刺激を与えないように気を付け、保湿ケアをしっかりと行いましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

雨の日のベビーカーでのお出かけで傘はどうする?抱っこの方が良い?
妊娠中の花粉症対策!妊婦でも飲める花粉症に効果があるお茶は?
赤ちゃんの耳掃除の頻度は?どこまでする?嫌がる場合は?
赤ちゃんのあせも対策と予防法!ベビーパウダーはダメ?
甘酒は妊婦が飲んでも良い?何か効果はある?
子供が鼻に異物を入れてしまったときの対処法
妊娠性湿疹はいつからできていつ治る?対処法は?
赤ちゃんの爪の切り方!いつ切る?どのくらい切る?
新生児のしゃっくりの原因と止め方!止まらないときはどうする?
赤ちゃんのおむつかぶれの対策と予防
子供が鼻をかむことができるのはいつから?教え方は?
子供の歯へのフッ素塗布はいつから?料金は?間隔はどのくらい?
避難グッズで赤ちゃんのために必要な物や用意しておきたい物
1歳の子の新幹線での過ごし方は?おもちゃや座席はどうする?
子供の日焼けのアフターケアは?赤い時や痛い時は?

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!