子供への鉄棒の前回りの教え方と補助のコツ

大人にとっては簡単に思える鉄棒の前回りも、子供にとっては頭から落ちるのではという恐怖心が先に立ち、難しく感じるようです。

うちの子に教える際に実践した鉄棒の前回りの教え方と、補助をする際のコツをご紹介します。

スポンサードリンク

鉄棒の前回りの教え方

鉄棒の前回りって、子供の頃どうやって練習したか覚えていますか?

私は自分の子供が小学2年生になってもできないので教えようとしたのですが、どうにも自分がどう練習したのかは思い出せなくて。

親に教えてもらった記憶はないので、公園の鉄棒で遊んでいるうちに、友達の真似をしてやってみたらいつの間にか覚えたんだと思うのですが、いざ教えようとなるとこれがなかなか難しい!

前回りなんて頭を下げれば勝手に回るのにと思ってそう言ってみても、子供は「怖い!」というばかりで一向に回れません。

子供にとっては前回りは「頭から落ちるのでは」という恐怖心がとても大きいようなんですよね。

あれこれ調べて試した結果、やっとできるようになりましたので、その教え方をこれからご紹介します。

前回りをする前に必要なこと

まずは、鉄棒にぶら下がったりして遊び、鉄棒になれましょう。

前回りは

①鉄棒に飛び乗る
②腕で体を支える
③回って着地する

という流れで行います。

そのためには、まず鉄棒に飛び乗り、体を支えるだけの腕力がないといけません

どうでしょう。

お子さんは鉄棒にジャンプして乗り、腕で体を支えることはできますか?

うちの子はまずここからできませんでした。

前回りをする前に、最初にお子さんに鉄棒に飛び乗って腕で体を支える動きをやらせてみましょう。

できないときには、この練習をまずやります。子供が飛び乗りやすいように、低い鉄棒で行ってください。

鉄棒に飛び乗って腕で体を支えられるようになったら、いよいよ前回りの練習です。

122693

前回りの教え方

①鉄棒に飛び乗ってツバメのポーズを取る

ジャンプして鉄棒に飛び乗ったら、腕で体を支えながらお腹を鉄棒にくっつけてツバメのポーズを取ります。

腕の力がないうちは、ツバメのポーズで止まることができません。止まれるようになったら次のステップに進みましょう。

②徐々に頭を下げて行く

ツバメのポーズから、腕を曲げて徐々に頭を下げて行きます。

ここが、子供にとっては一番怖いところのようでした。うちの子の場合は、本人は頭を下げているつもりでも、首が下を向くだけで一向に頭が下がらず、ここから親が補助をしました。

③頭が下がったら膝を曲げる

頭が90度以上下がったら、両膝を曲げさせます。膝を曲げることで重心が頭の方に移動し、自然にくるりと回って着地します。

スポンサードリンク

「回って」というと子供にはどうやったら回れるのかわかりにくいので、「膝を曲げて」と言った方がわかりやすいです。

膝を曲げる際には鉄棒にお腹をくっつけたまま放さないこと、手は最後まで鉄棒を握って絶対に途中で放さないように教えてください。

お子さんが一人でもできるようなら一人で練習させても良いのですが、怖がるようなら親御さんが手伝ってあげてください。

補助をする際のコツを次にご紹介します。

鉄棒の前回りの補助のコツ

前回りの補助をする際には、コツがあります。

私は最初それがわからず、ただ子供の背中を鉄棒の後ろから押して頭を下げさせ、足を持ちあげて回してあげていたので、いつまでも恐怖心がなくならず、できるようになりませんでした。

しかも、途中で一度背中から落ちてしまったので、怖がって余計にできなくなるという悪循環に…

ネットで補助のコツを調べてきちんと補助をしてあげたら、30分くらいで前回りができるようになりましたので、きちんと補助をしてあげるのが重要なのだと思います。

私が参考にした動画をまずはご覧下さい。

補助のコツ

・頭を下げる際に膝の裏と胸に手を当てる
・回って降りてきた際にお尻を下で受け止めてあげる

動画では一人で補助をやっていますが、私は一人ではできませんので主人にも手伝ってもらい、二人がかりで補助をしました。

やり方はこうです。

ママは鉄棒の後ろ側、子供の横に立って胸と膝の後ろに手を当てる。

パパは鉄棒の前側でしゃがみ、回って降りてきた子供の背中とお尻を受け止める。

これで、頭を下げるときにはママが、降りてきたときにはパパが下で受け止めてくれるので、子供にとっては「絶対に落ちない」という安心感が生まれたようでした。

前日に1時間練習しても下げられなかった頭が、胸に手を当ててあげることですぐに下げられるようになり、簡単にくるりと回ることができました。

何度も練習しているうちに段々と手を添えるだけから触れないくらいまで放していき、最後には一人で回れるようになりました。

ここまでにかかった時間は30分程度です。

最初から補助のコツを知っていれば、背中から落ちて痛い思いや怖い思いをしなくてすんだのにな…と反省しました。

これからお子さんに前回りを教える際には、是非この補助の仕方を参考にしてください。

まとめ

補助をする際に一番大切なのは、子供に絶対に落ちないという安心感を与えることです。

落ちないとわかれば恐怖心も薄れ、子供は頭を下げて回ることにチャレンジできます。何度かやってみて上手くできると、自信がついて怖いという気持ちがなくなり、回るのが楽しくなってきます。

楽しくなれば、あとは放っておいても一人で練習できますから、最初の恐怖心がなくなるところまでは手伝ってあげてほしいなと思います。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

妊娠中の脇の黒ずみは放っておいても大丈夫?ケアした方が良い?
子供が鼻をかむことができるのはいつから?教え方は?
赤ちゃんは飛行機にいつから乗れる?座席や持ち物は?
妊娠中の腰痛はいつから?腰痛を和らげる対策はある?
甘酒は妊婦が飲んでも良い?何か効果はある?
赤ちゃんの洗濯物はいつから大人と一緒に洗う?洗剤はどうする?
初詣に赤ちゃんを連れて行っても大丈夫?ベビーカーは?服装は?
歯磨きを赤ちゃんが嫌がるときのやり方やコツは?
1歳の子の新幹線での過ごし方は?おもちゃや座席はどうする?
赤ちゃんとの新幹線でベビーカーは必要?置く場所は?
子供の抜けた乳歯の保存方法や保管に便利な乳歯ケース!
紫外線アレルギーは赤ちゃんもなるの?症状と対策は?
赤ちゃんの水着の選び方!サイズや着せ方は?
赤ちゃんとのドライブはいつから?時間は?注意することは?
赤ちゃんのおむつかぶれの対策と予防

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!