子供への目薬の差し方!嫌がるときに差す方法は?

結膜炎やものもらいなどの目の病気で目薬を処方されたときに、まだ小さなお子さんだと目薬を嫌がることがあります。

ただでさえ子供の目に目薬を差すのは慣れないと親も緊張しますから、嫌がられると余計に困りますよね。

こちらでは、子供への目薬の差し方や、嫌がるときに差す方法についてご紹介します。

スポンサードリンク

子供への目薬の差し方

私の子供が初めて眼科で目薬を処方されたのは、まだ2歳になる前でした。

目をこすってかゆそうにしているから連れて行ったら、結膜炎だったんです。

子供に目薬を差すなんて私も初めてだから上手くできないし、子供は子供で初めての目薬を嫌がって泣いて動いてしまうしで、ほとほと困り果てました。

目薬は飲み薬と違って他の物に混ぜて誤魔化すこともできませんし、嫌がられてしまうと本当に頭が痛いですよね。

まずは、私が眼科で教わった方法からご紹介します。

子供への目薬の差し方

①仰向けになって目をつぶる

②目頭に目薬を落とす

③下まぶたを指でそっと引っ張る

大人が目薬を差す場合は目を開けて点眼しますので、目薬を差すときは目を開けないといけないと思いがちですが、目を閉じていても差すことはできるんです。

目頭にそっと目薬を落とし、下まぶたを指でそっと引っ張ると目薬が目の中に入って行きますので、それでOKだそうです。

この方法で点眼させてくれれば楽なのですが、うちのように嫌がる子も多いかと思います。

次に、私が試した方法をご紹介します。

スポンサードリンク

子供が目薬を嫌がるときに差す方法

寝ている間に点眼する

これは眼科で「もしできなかった場合に」と教えてもらった方法です。

眠りが浅い時だと目を覚ましてしまいますので、熟睡しているときを狙い、目頭にそっと目薬を落とし、指で下まぶたを軽く引っ張って目薬を目の中に入れます

寝ていても、片目に点眼すると嫌そうに横を向いたりして顔を隠してしまうこともあります。

そんなときは無理にもう片方の目に点眼せず、子供が寝返りをしてからもう片方の目に点眼すると良いですよ。

私は一度に終わらせようとして無理にもう片方の目にも点眼したら、子供が目を覚ましてしまって泣かれたことがあります。

寝ている間だと暴れないので楽なのですが、目薬を差す回数によっては寝ている間だけでは間に合わない場合もあります。

なので、起きている間も目薬をつけさせてくれるように、以下のような方法をやってみました。

ママが目薬を差しているところ見せる

子供が目薬を嫌がる理由って、「怖い」というのが一番なんじゃないかと思うんです。

目に何かが入るわけですから、いくら「目のためだから」と言っても怖いものは怖いんですよね。

そこで、私が見本をみせました。

私の場合は自分もアレルギー性結膜炎で目薬を使っていたので、子供の目の前で目薬を差してみせたんです。

ちょっと大げさに、「あー目薬したら気持ちいい~」なんて言いながら、笑顔で点眼してみました。

まずは手に目薬を落としてみる

子供の恐怖心をなんとか軽くするために、手を出させて手に目薬を落としてみました。

このとき、あまり高い位置から落とさず、なるべく低い位置から落とします。

手だと全然怖くないので、子供が「あれっ?」と思ったようでした。

手で怖がらなくなったら、次に目で試してみます。

声をかけながら行う

「これからここに目薬がちょんってなるよ」などと言いながら目頭をちょんちょんと触ったりして、子供が怖くないように声をかけましょう。

無言でいきなりやられると怖さが倍増してしまいますので。

何度も繰り返していると、段々目薬って怖くないんだとわかってきます。うちの子も徐々に嫌がらずにできるようになりましたよ。

子供に目薬を差すときに気を付けること

目薬を低い位置から落とす

子供に目薬を差すときって、ついつい目薬の容器の先端が目に当たってしまいそうで怖くて、高い位置から落とそうとしてしまっていませんか?

あまり高い位置から落とすと目に当たったときの刺激も強くなるので、低めの位置から落とした方が子供も刺激が少なくて安心のようでした。

無理に押さえつけたり目を開けさせたりしない

絶対に目薬を差さなければと必至になるあまり、体を押さえつけたり無理に目を開けて点眼しようとしてしまうこともあるかと思います。

でも、それは逆効果です。

少なくともうちは逆効果でした。

最初のうちは動かれるのが怖くて、私もついつい足で体を押さえこんで目薬を差そうとしてしまったんですね。

そしたら、押さえつけられるのが怖くて子供が余計に嫌がってしまって。

無理やり点眼すると目薬を余計に怖がったり嫌がったりしてしまうので、無理に押さえつけたり目を開けさせたりするのはやめた方が良いです。

まとめ

小さいうち、特に初めての場合は目薬を怖がって嫌がるお子さんはきっと多いと思います。

最初は泣いて嫌がった私の子供も、慣れるにしたがって目を閉じてしかできなかったのが目を開けられるようになり、3~4歳くらいから大人と同じように目を開けた状態で私が下瞼を引っ張って目薬が差せるようになりました。

目薬を怖がらなくなれば簡単に目薬を差せるようになりますので、まずは恐怖心を取り除いてあげると良いと思います。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

赤ちゃんは飛行機にいつから乗れる?座席や持ち物は?
幼児が楽しめる!雨の日に室内でできる子供の遊び
里帰り出産のお礼は必要?お金ならいくらくらい?
子供のサンダルの選び方は?おすすめは?
赤ちゃんのあせも対策と予防法!ベビーパウダーはダメ?
雨の日のベビーカーでのお出かけで傘はどうする?抱っこの方が良い?
子供への鉄棒の前回りの教え方と補助のコツ
初詣に赤ちゃんを連れて行っても大丈夫?ベビーカーは?服装は?
乳歯の生え変わり時期はいつから?遅い子はどうする?
妊娠中に足がつる理由と対処法!予防法はある?
避難グッズで赤ちゃんのために必要な物や用意しておきたい物
赤ちゃんのおむつかぶれの対策と予防
ハロウィンの絵本で幼児への読み聞かせに人気なのは?
子供が鼻をかむことができるのはいつから?教え方は?
赤ちゃんの水着の選び方!サイズや着せ方は?

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!