子供のサンダルの選び方は?おすすめは?

暑くなってくると子供にもサンダルを履かせてあげたくなりますよね。

ただ、大人の足と子供の足は違いますから、きちんと足にあったものを選んであげたいもの。

子供のサンダルの選び方やおすすめのサンダルなどを紹介します。

スポンサーリンク

子供のサンダルの選び方は?

子供のサンダルを選ぶときは、以下の点に注意しましょう。

・踵がある
・足首・甲・前足部が面テープや紐で調節できる
・クッション性がある
・つま先部分をカバーしてくれる

靴と同じで、足を包み込んで脱げにくいデザインのものを選びましょう。

クロックスやスリッポンは子供が一人で簡単に履けますが、その分脱げやすいです。

短い時間なら構わないでしょうし、水遊びの時などは便利でしょうが、長時間となると足に負担がかかる恐れがあります。

また、サンダルを選ぶときに迷うのはサイズですよね。

大き目のサイズだと足が滑ってしまって豆ができてしまったりしますので、サイズはぴったりのものを選んであげたいものです。

最近はデパートなどの靴売り場にシューズフィッターがいるところがよくありますので、一度足のサイズを測ってもらって、どのくらいのサイズが丁度良いか見てもらうと安心です。

デパート以外にも、ミキハウスなどでも足のサイズは測ってもらえますよ。

子供向けのサンダルでおすすめはある?

小さなお子さんにサンダルを買うときには、デザインよりも足にぴったり合って履きやすいものを選んであげましょう。

こちらはミキハウスのサンダルですが、こんな風にしっかりと足がホールドされて脱げにくいものを選んであげると安心です。

スポンサーリンク

ミキハウス以外のメーカーでも同じような形のサンダルはありますから、ミキハウスにこだわらえなくても大丈夫ですよ。

小さなお子さんはつま先があまり大きく出てしまうサンダルだと、指先の部分を怪我してしまうことがあります。

なるべくつま先があまり出ないか、出ていても指先の部分がカーブしていてつま先を守ってくれるのが良いです。

また、サンダルにこだわらず、メッシュタイプの通気性の良い靴を履かせてあげるのも良いですね。

走るのが好きなお子さんはサンダルよりも靴の方が走りやすいので良いかもしれません。

うちの子は走るのが好きだったので、3歳くらいまでは夏でも外を走り回るときはサンダルではなくて通気性の良い靴を履かせていました。

サンダルだとどうしてもつま先を引っかけて転びやすかったので。

サンダルを履かせるのは車ででかけたりしてあまり歩かないときだけにしていました。

夏だからいつでもサンダルというのではなく、その場に応じて使い分けてあげると良いと思います。

まとめ

サンダルは夏場は涼しくて便利ですが、小さなお子さんだと思わぬ怪我につながることもありますので、足にあったものを選んであげましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

子供の日焼けのアフターケアは?赤い時や痛い時は?
水着で体型カバーできるママ向きのは?30代40代には?
節分の由来や習慣がわかるおすすめの絵本
赤ちゃんの水着の選び方!サイズや着せ方は?
ハロウィンの絵本で幼児への読み聞かせに人気なのは?
赤ちゃんの紫外線対策はいつから?ベビーカーでは?おすすめは?
赤ちゃんに枕は必要?使わないと頭の形が悪くなる?
赤ちゃんの髪の毛が抜けるのは何故?放っておいても大丈夫?
子供の歯へのフッ素塗布はいつから?料金は?間隔はどのくらい?
乳歯の生え変わり時期はいつから?遅い子はどうする?
赤ちゃん用の布団は必要?大人用ではダメ?
子供の抜けた乳歯の保存方法や保管に便利な乳歯ケース!
甘酒は妊婦が飲んでも良い?何か効果はある?
里帰り出産のお礼は必要?お金ならいくらくらい?
赤ちゃんのたんこぶは病院に行くべき?何科を受診する?対処は?

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!