室外犬の暑さ対策はどうする?便利なグッズはある?

犬は暑さに弱い動物ですから、夏場は暑さ対策が必要です。

室外犬の場合は、エアコンをつけることもできませんので、しっかり暑さ対策をしてあげましょう。

室外犬の暑さ対策や暑さ対策に便利なグッズを紹介します。

スポンサードリンク

室外犬の暑さ対策はどうする?

犬はとても暑さに弱く、気温22度、湿度60%を超えると熱中症になる可能性が高くなると言われています。

寒い地方の犬種や被毛の厚い犬種、毛色が黒い犬、幼犬や老犬などは特に熱中症になりやすいので注意が必要です。

室外犬の暑さ対策としては

風通しの良い場所に犬小屋を置く

直射日光の当たらない場所に繋ぐ

土のある場所にいられるようにする

水をまいてあげる

新鮮な水を飲めるようにしておく

などがあります。

南側で日陰もなく、土もないような場所に犬をつないでおくと、熱中症になる危険が高くなります。

夏場だけでも、日陰があって風通しが良い場所に移動させてあげると良いでしょう。

犬小屋を移動させるのが難しい場合は、すだれをたてかけるなどして日陰を作ってあげると良いです。

うちは犬をつないでいる場所の近くに物干しがあったので、夏の暑い日はよくいらないシーツを濡らして干してました。

そうすると、日陰もできるしシーツが濡れているから涼しい風が来るようで、良くシーツの陰で寝ていましたよ。

あと、水をまくのも良くやっていました。

犬小屋の周りの土に水をまいてあげると、土がひんやりして気持ちいいのか腹ばいになっていましたね。

水は外に置いておくとすぐにぬるま湯のようになってしまうので、こまめに取り換え、日中の暑い時間帯には氷を入れてあげていました。

スポンサードリンク

ちゃんと犬もわかっていて、氷を入れるとすぐに寄ってきて水を飲んでいましたっけ。

あまりにも急に暑くなったり、猛暑日が何日か続くとさすがにちょっと夏バテして食欲が落ちたりしましたが、何とか熱中症になることはなく夏を乗り切っていました。

こまめにブラッシングをして不要な毛を取ってあげると、風通しが良くなるのでそちらもお勧めです。

室外犬の暑さ対策に便利なグッズは?

犬の暑さ対策グッズも今はいろいろなものがありますよね。

犬用のクールマットなどもありますが、基本的に室内犬用の物が多いです。

アルミ製のクールマットだと外で使った場合に逆に暑くなってしまうので、使わないように気を付けましょう。

外で使うのでしたらアルミ製ではないクールマットの方が良いですよ。

ウェットタイルも室外犬には便利です。

水で濡らすと気化熱でタイルが冷え、30度を超えるような猛暑でも良く冷えるので、室外犬にはぴったりですね。

水を嫌がらない犬であれば、タライに水を入れておいて自由に水遊びができるようにしておくのも良いでしょう。

まとめ

夏場は犬にとっては辛い季節です。苦しそうにしている姿を見るのも辛いですよね。暑さい対策をして、夏を乗り切りましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!