新幹線は子供はいつまで無料?運賃は?回数券は使える?

夏休みや冬休み、春休みなど長期のお休みにはお子さんを連れて旅行や帰省をする機会も増えますよね。

子供を連れて新幹線に乗る場合、何歳まで運賃が無料になるのか、運賃がかかる場合はいくらなのか、また回数券は子供も使えるのかについてまとめました。

スポンサードリンク

新幹線は子供はいつまで無料?

JRでは「おとな」と「こども」の区分が以下のようにされています。

・おとな…12歳以上(12歳でも小学生は「こども」)

・こども…6歳以上12歳未満(6歳でも小学校入学前は「幼児」)

・幼児…1歳以上6歳未満

・乳児…1歳未満

新幹線に乗る場合、小学校入学前の幼児と乳児は運賃が無料です。

「こども」運賃が適用になるのは小学校に入学する年の4月1日からですので、3月31日までは無料です。

ただし、「おとな」または「こども」1人が同伴する「幼児」の人数が3人を超える場合は3人目から「こども」の運賃が必要となります。

また、「乳児」や「幼児」が指定席やグリーン席、グランクラスを利用する場合には特急券と乗車券が必要になります。

指定席やグリーン席でも、大人の膝の上に乗せている場合は無料です。

あまりないとは思いますが、「幼児」が一人で新幹線に乗る場合にも「こども」運賃がかかります。

例えば、幼稚園のお子さんが一人で新幹線に乗っておじいちゃんやおばあちゃんの家に行くというような場合は、「こども」の運賃がかかることになります。

スポンサードリンク

小学生のお子さんが幼稚園の弟か妹を連れて子供だけで新幹線に乗る場合は、自由席を利用するなら幼稚園のお子さんの運賃は無料ですので必要ありません。

二人で指定席を利用する場合には、幼稚園のお子さんも「こども」の運賃がかかります。

新幹線の子供の運賃はいくら?

新幹線の「こども」の運賃は大人の半額です(5円の端数は切り捨て)。

乗車券、特急券、指定席券は大人の半額となります。

ただし、グリーン券・グランクラスは「おとな」と同じ額となります。

新幹線で子供も回数券を使える?

新幹線には少し料金が安くなってお得な回数券がありますが、子供用の回数券はありません。

自由席回数券のみ、おとなの回数券一枚でこども2人まで利用することができます

この場合、こども2人が同時に利用することになります。

あくまでも2人が同時に使えるだけで、おとなの回数券1枚をこどもが2回利用できるわけではありません。

また、指定席回数券は子供は使えませんのでご注意ください。

新幹線の回数券は自動券売機では購入できませんので、JRの駅の窓口で購入しましょう。

回数券は6枚つづりになっています。

JRの駅の窓口では回数券をばら売りはしていませんので、6枚は必要ないからバラ売りで買いたいという場合は金券ショップを利用しましょう。

まとめ

お子さんとの新幹線の旅を楽しんできてくださいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!