職場の人の結婚式の服装は女性はどういうのが良い?

職場の人の結婚式に呼ばれた場合、何を着て行けばよいのか迷ってしまうことがありますよね。

職場の人の結婚式に女性が出席する場合の服装について、ふさわしいものやNGなものをまとめました。

スポンサードリンク

職場の人の結婚式の服装で女性が気を付けること

男性と違って女性は服装の選択肢が多いので、何を着て行けば良いのか迷うことが多いかと思います。

私も、初めて職場の人の結婚式に出席するときには何を着て行くのか迷いました。

結婚式や披露宴の席にはふさわしくない服装もありますので、まずは服装を選ぶときに気を付けたいことから知っておきましょう。。

・新婦よりも目立たない服装にする

主役はあくまでも新郎新婦ですから、新婦よりも目立ってしまわない服を選びましょう。

・白は避ける

結婚式で白は花嫁の色です。生成りやオフホワイトはもちろん、写真で白っぽくうつるアイボリーなどの色も避けた方が良いでしょう。

・肌を露出しすぎない

夜の披露宴であればカクテルドレスのような肩を出すデザインでもOKですが、昼間の披露宴の場合はストールやショール、ボレロなどで肩を隠しましょう。

キリスト教式の結婚式の場合はノースリーブや胸元が大きく開いた服装は好まれませんので、気を付けましょう。

キリスト教式でなくても、お辞儀をしたときに胸の谷間が見えるようなデザインは避けた方が良いです。

・スカート丈は膝下くらい

膝上のミニ丈のドレスや、大きなスリットが入ったセクシーなデザインは避けましょう。

・靴はミュールはNG

靴は服装に合わせた色のパンプスなどを選びましょう。ミュールは不可ですし、オープントウのタイプも避けた方が良いです。

厚底やゴム素材の靴もふさわしくないので避けましょう。

・素足はNG

ストッキングはベージュがベストです。黒は喪服を連想させるので結婚式にはふさわしくありません。網タイツも避けましょう。

・ノーメイクはNG

スポンサードリンク

結婚式にノーメイクはマナー違反ですので、メイクはしていきましょう。

・香水は控えめに

披露宴は食事をする場でもあるので、あまりきつい香りはNGです。香水をつけるなら控えめにしておくのが良いです。

職場の人の結婚式での服装で女性はどういうのが良い?

職場の人の結婚式に出席するなら、品のあるパーティドレスや清潔感あふれるワンピース、スーツなどが良いです。

スカート丈は膝が隠れるくらいの長さで、あまり大きく胸元が開いていないデザインがお勧めです。

色は白を避けるのはもちろんですが、黒一色も喪服を連想させるので避けましょう。

パンツスーツはダメではありませんが、黒だと式場で働く人と同じように見えてしまいますので、黒は避けた方が良いでしょう。

夜の披露宴に出席する場合でも、空調が寒い場合もありますから、肩が出るデザインの服の場合にはショールやストール、ボレロなどがあった方が安心です。

靴はフォーマルな革製のものを選びましょう。エナメル加工がされているものなどは見た目が華やかなので良いですよ。

アクセサリーはパール(真珠)が正式ですので、アクセサリーをつけるならパールがお勧めです。

パールのアクセサリーを持っていない場合は、コサージュなどを付けると華やかになります。

メイクは派手すぎず地味すぎず、清潔感を大切にしましょう。

髪型も普段のままでは華やかさに欠けますので、アップにしたり、バレッタやアクセサリーなどでアクセントをつけると良いですよ。

洋装だけでなく、和装も華やかで素敵です。

未婚の場合は振袖もOKですので、成人式の振袖がある場合には結婚式に着て行って大丈夫です。

振袖の女性がいると場が華やぎますし、若い女性で着物を着てくる方は意外と少ないので、喜ばれることが多いです。

着物は着付けをしてもらったりと大変ですが、私も以前職場の方の結婚式に振袖を着て行ったら、場が華やいだととても喜ばれましたよ。

まとめ

結婚式はおめでたい席ですので、その場にふさわしい華やかで上品な装いを選びましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!