災害時の避難グッズで猫のために用意しておきたい物

災害時に大事な愛猫を連れて避難するときに備えて、日ごろから避難グッズを用意しておくと安心です。

こちらでは猫のために必要な避難グッズについてまとめました。

スポンサードリンク

災害時の避難グッズで猫のために用意しておきたい物

災害時は人間の物ですらなかなか手に入りにくくなりますので、ペットの物はあらかじめ用意しておかないと困ることになります。

大切な愛猫のために、普段から避難グッズを用意しておき、咄嗟の時にはすぐにそれを持って逃げられるように準備しておくことが大切です。

避難グッズに用意しておきたい物

・食料、飲料水

フードは普段食べ慣れている物を最低でも3日分は用意しておきましょう。できれば1週間~2週間分くらい用意しておくと安心です。

フードは缶詰よりもドライフードやパウチの方が軽いしゴミもでないので便利です。

食事や水を入れるために、折り畳みができる簡易食器も入れておいた方が良いです。

・トイレグッズ

トイレやトイレの砂、トイレシートと一緒に消臭剤も用意しておくと便利です。

・ビニール袋

ビニール袋は使用済みのトイレシートなどを入れたりもできますし、他にもいろいろと用途があるので多めに用意しておくと役立ちます。

・首輪とリード

避難先では猫が自由に動き回ることができないため、迷子を防ぐためにも必要です。首輪には猫と飼い主の名前、連絡先を記入した迷子札を付けておきましょう。

急に付けると嫌がる恐れがありますので、普段から首輪やリードに慣らしておくと良いですね。

・キャリーケース、ケージ

避難するときにも、避難先の猫の居場スペースにも使います。

普段からカリーケースやケージに入ることを習慣づけて置き、使い慣れている物を避難時にも使うようにしましょう。

スポンサードリンク

猫が安心できるように、自分のニオイのついたタオルやおもちゃを入れておくのも良いかもしれませんね。

・薬

持病などがあって普段から飲んでいる薬がある場合には、非常用に薬も用意しておくと安心です。

獣医さんに相談して予備の薬をもらい、保管日数や保管方法を聞いておきましょう。

・写真

もし迷子になってしまったときに探すのに必要です。できれば飼い主と一緒に写っている写真だと自分の飼い猫であることがすぐにわかるので良いですね。

・使い捨てカイロ

冬場など寒い時の避難にはあると便利です。

これらの避難グッズは防水タイプのリュックサックのような両手が空くバッグに入れておきましょう

あれもこれもと入れ過ぎてしまうと重くて持てなくなりますので、自分が持ち歩ける重さにするように気を付けてください。

避難袋はすぐに持ち出せる場所に置いておくと良いです。

逃げる猫を確保するには?

災害時は猫もパニック状態になって思わぬ方向に走って逃げて行くことがあります。

そんな時には、まずは猫を捕まえて落ち着かせなければなりません。

パニック状態になった猫を確保するのに便利なのが洗濯ネットです。

薄手の毛布が入るくらいの大きめの洗濯ネットを用意しておくと、猫を確保するのに便利です。

洗濯ネットに入れたらすぐにファスナーを閉めて、猫が逃げ出さないように気を付けましょう。

猫が落ち着いてきたら、キャリーケースやケージに移して避難します。

※洗濯ネットは準備も簡単だし通気性が良くて猫が窒息心配がないのが良いのですが、爪が引っかかって猫が怪我をする恐れがありますし、飼い主が猫の爪で怪我をする恐れもありますので注意してください。

避難先を確認しておく

もし災害が起きたときにどこの避難所に避難するか、そこでは猫と一緒に避難できるかを確認しておきましょう。

動物は一緒に避難できない避難所も多くありますし、アレルギーがある方や猫が苦手という方もいらっしゃいます。

そういった場合にはどうするのかを予め考えておくと安心です。

まとめ

災害はいつ起きるかわかりません。何かあったときに大切な愛猫を守れるように、普段から準備しておきたいですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!