母の日はアメリカではいつ?日本にきたのは?カーネーションは贈る?

日本では5月の第二日曜日が母の日となっています。

母の日はアメリカから日本に伝わった習慣だといいますが、いつごろどんな風に伝わっていまのような習慣になったのかを知っていますか?

意外と知らないのではないでしょうか。

母の日を迎える前に、ここで母の日はアメリカではいつなのか、日本へはどうやって伝えられたのか、日本との違いはあるのかなどを知っておきましょう。

スポンサードリンク

母の日はアメリカではいつ?

母の日はアメリカでも日本と同じく5月の第2日曜日が母の日です。

アメリカで母の日が制定されたのは1914年のことでした。

始まりは、アンナ・ジャービスという少女が亡くなった母親を追悼したいという思いから白いカーネーションを贈ったことでした。

アンナは亡き母親を偲び、母が日曜学校の教師をしていた教会で白いカーネーションを祭壇に飾り、出席者にも配りました。

この出来事をきっかけにしてアメリカ全土に母の日の風習が広がって行き、1914年には5月の第2日曜日が「母の日」と制定されました。

母の日はアメリカから日本に伝わった?

日本に初めて母の日が伝わったのは、大正時代のことでした。

キリスト教関係者や団体を中心に、母の日を祝うことを提案されて広まって行ったのが始まりです。

昭和6年には当時の皇后の香淳皇后の誕生日である3月6日が「母の日」とされましたが、全国行事となったきっかけは昭和12年5月8日に森永製菓が「第1回 森永・母の日大会」を豊島園で開催したことでした。

スポンサードリンク

これ以後森永・母の日大会は全国の主要都市を舞台に毎年開催されるようになっていき、全国的に母の日が定着していきます。

今のように5月第二日曜日に母の日が制定されたのは戦後であり、アメリカに倣ってのことでした。

母の日にアメリカでもカーネーションを贈る?

日本では母の日には赤いカーネーションを贈るのが定番ですが、アメリカではどうなのでしょうか。

そもそも、母の日にカーネーションを贈る習慣のきっかけとなったのは、アメリカ人の少女アンナ・ジャービスが亡き母のために白いカーネーションを配ったことです。

アンナが白いカーネーションを配ったのは、それがアンナの母の好きな花だったからでした。

アメリカで母の日が制定された当初は、母親が健在な人は赤いカーネーションを、母親が亡くなっている人は白いカーネーションを自分の胸に飾っていました。

それが、やがて母親本人にカーネーションを贈る習慣へと変化していきました。

日本ではこの習慣が伝わり、母の日にはカーネーションを贈るというのが習慣になったんです。

ただ、現在では日本でもそうですが、アメリカでもカーネーションにはこだわらず母親の好きな花を贈るという人も多いようです。

まとめ

母の日は一人の少女の亡き母親への想いから生まれた日だったんですね。今では商業的な背景からイベントのような要素も強くなりましたが、由来を知ることで改めて母親への感謝の気持ちを大切にしたいですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

七夕の夜に天の川が見える方角や時間は?見方は?
お中元のお礼状はかもめーるでも良い?書き方やいつまで出す?
母の日に贈りたいアジサイの鉢植え!花言葉やおすすめの品種は?
お盆玉はいつからの風習?相場や専用のポチ袋はある?
赤ちゃんへのお年玉はどうする?金額は?代わりにおもちゃはどう?
お歳暮は自分が喪中のときでも贈っても良い?のしはどうする?
暑中見舞いとお中元の違いは?両方贈る?お礼は兼ねても良い?
お中元の時期はいつからいつまで?遅れたらどうする?
お盆にお墓参りに行くのはなぜ?行けない場合はどうする?
三春滝桜の見頃とアクセス方法!渋滞はどのくらいする?
十五夜と十三夜の違いは?二度月見しないと縁起が悪い?
noimage
喪中の時は初詣には行けない?合格祈願をしたい場合は?
ハロウィンのかぼちゃの起源と意味は?使われる種類は?
母の日に贈る花の種類は?花言葉や人気のアレンジは?

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!