爪が欠ける原因と対処法

何だか最近爪がよく欠けたり割れたりしやすくなってお困りではありませんか?

こちらでは爪が欠ける原因と対処法についてまとめました。

スポンサードリンク

爪が欠ける原因は?

特に何をしたわけでもないのに、気が付くと爪が欠けていたり割れていたりすることってありませんか?

ふとした拍子に爪が洋服に引っかかって布地に引き攣れができてしまったり、ストッキングが伝線してしまったり。

爪が欠けるとネイルだって楽しめませんから、本当に困りますよね。

爪が欠けたり割れたりしやすくなる原因は何なのでしょうか?

爪が欠ける原因

・栄養不足
・乾燥
・貧血

爪が欠けたり割れやすくなる原因としては、これらが考えられます。

栄養不足

爪は体の健康状態を表していると言われています。爪が欠けやすかったり、表面が凸凹になっていたり、縦筋ができている場合には栄養不足が原因と考えられます。

爪は皮膚が変化したもので、主にたんぱく質の一種であるケラチンでできています。普段の食生活を見直してバランスの良い食事を心がけ、たんぱく質を多く含む食品を摂るようにしましょう。

たんぱく質を多く含む食品としては、魚や肉の他、豆腐や納豆などの大豆製品もお勧めです。

その他、一緒に摂った方が良い栄養素としては、ケイ素、亜鉛、鉄、ビタミンB6があります。

ケイ素を多く含んでいる食品としては、玄米・ホタテ・豆類・レバー・ほうれん草などがあげられます。

亜鉛は牡蠣やうなぎなど、鉄はレバーやあさり、納豆などに、ビタミンB6はレバーやまぐろ、かつおなどに多く含まれています。

一度に全部摂るのは難しいと思いますので、日ごろからバランスの良い食事を摂るようにしましょう。

乾燥

乾燥も爪が欠けたり割れやすくなる原因となります。

肌が乾燥しやすい人は爪も乾燥しやすいので、ハンドクリームを塗る際には爪にも良く塗りこみましょう。ハンドクリームを塗ることで爪の表面がクリームの膜で覆われるため、乾燥を防ぐことができます。

また、ハンドクリームを塗るときにはハンドマッサージをすると成分がより浸透しやすくなり、指先の血行も良くなるので冷え性の改善にもつながります。

ハンドマッサージのやり方はこちらの動画が参考になります。

毎回は無理でも、一日で時間のあるときにこうしてしっかりとマッサージしてあげると良いですよ。

貧血

貧血になると血液が不足して爪の先まで栄養が運ばれないため、爪が栄養不足になってしまいます。貧血が原因と思われる場合には、鉄分が多く含まれる食品を取り入れ貧血対策を行いましょう。

爪以外にもめまいや動悸、息切れといった貧血の症状がある場合には病院に行くことをお勧めします。

この他にも、ネイルを落とすときに使う除光液や、台所用の洗剤なども爪には刺激が強くて良くありません。

スポンサードリンク

除光液はアセトンが入っていない物を使うようにし、台所での水仕事の際にはゴム手袋をすると爪が欠けるのを防ぐ効果があります。

爪が欠けるときの対処法

外出先などでもし爪が欠けてしまったら、応急処置としては絆創膏を貼りましょう。

それ以上欠けたり、服などに引っかかったりするのを防いでくれます。

切らずに欠けたり割れたりした爪を補修したい場合には、「爪の補修剤」などを使って補修することもできます。

もし痛みを伴っていたり、根元まで割れてしまっていたり、化膿してしまったりした場合には、皮膚科を受診しましょう。

また、頻繁に爪が欠ける場合にも、思わぬ病気が隠れている恐れがありますので、一度皮膚科を受診することをお勧めします。

爪が欠けるのを防ぐには?

・水仕事をする際にはゴム手袋をする

台所の洗い物や洗濯をする際にはゴム手袋を使いましょう。お皿が当たったり、お湯で油分が失われたりすることで爪が弱って欠けやすくなります。

・爪を保湿する

こまめにハンドクリームを爪にも塗りこみ、保湿をしてあげましょう。

・マニキュアの使用は控える

マニキュアは爪にあまり良くないので、爪が欠けやすい人はなるべく使わない方が良いです。どうしても使いたい場合には、ベースコートだけ塗るのがお勧めです。爪にダメージがある人用のベースコートを選んでください。

・爪の切り方を変える

爪切りを使わず、頻繁に爪やすりで形を整えるようにすると、爪が欠けるのを防ぐことができます。爪やすりを使うときには、お風呂上がりで爪が柔らかくなっているときにゆっくりと少しずつ削っていきましょう。

まとめ

欠けたり割れたりしてしまった爪は、補修することはできてもすぐに元通りにすることはできません。日ごろから爪にも気を配り、健康な爪を守りましょう。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!