猫の乳歯の生え変わりはいつからどんな風に?保存はどうする?

猫の歯も乳歯から永久歯に生え変わります。

猫の乳歯の生え変わりはいつ頃からどんな風に生え変わって行くのか、抜けた乳歯を保存したい場合はどうすればよいのかについてまとめました。

スポンサードリンク

猫の乳歯の生え変わりはいつからどんな風に?

ある日突然、部屋の中に猫の歯が落ちていたら、ちょっとびっくりしてしまいますよね。

大人の猫の歯が抜けてしまった場合は歯周病などの心配がありますが、子猫の場合は乳歯の生え変わりです。

猫の歯も人間と同じように乳歯から永久歯に生え変わるんです。

生まれたばかりの時には、猫もまだ歯が生えていません。生後約2週間くらいから歯が生えはじめ、3週間~6週間で乳歯が生えそろいます。

乳歯の数は全部で26本。

早い歯だと約3か月頃から生え変わりが始まり、7~8カ月ごろには全部の歯が乳歯から永久歯に生え変わります。

永久歯には乳歯にはなかった後臼歯が加わりますので、永久歯の数は全部で30本です。

どのように生え変わるの?

永久歯は乳歯が生えた後に歯茎の中で形成され、成長した永久歯に押し出される形で乳歯の根元が溶けてが抜け落ちて行きます。

中には永久歯と乳歯が前後に生えて二枚歯になることがありますが、自然と乳歯が抜け落ちて永久歯だけになります。

乳歯が抜けると誤って食べてしまうことが多いのですが、便と一緒に出てきますので心配はありません。

また、猫によっては乳歯が抜ける際に出血することがありますが、少量の出血なら心配ありません。

生え変わりの時期には歯肉炎にもなりやすくなるため、口臭がしたり出血することもあります。

出血が酷かったり、痛がっていたり、歯茎の腫れが酷い場合には動物病院に連れて行きましょう。

猫の乳歯を保存するためにはどうすれば良い?

猫の場合は乳歯がいつの間にか抜けていて飼い主さんが気づかない場合も多いのですが、もし乳歯をみつけたら保存しておきたいですよね。

抜けた乳歯には血液やたんぱく質などが付いていますので、そのまま保存すると段々黄色く変色していってしまいます。

保存をする際には洗浄してから保存すると綺麗なまま保存できますよ。

乳歯の洗浄方法

①コップやカップにオキシドールを入れ、抜けた乳歯を浸して一晩つけおく。

②翌日、浸けておいた乳歯を取りだし、歯ブラシで汚れを落とし、水で洗い流す。

③コットンの上で自然乾燥させる。

少し手間ですが、これできれいな白い歯のまま保存することができます。

保存の際には猫用の乳歯ケースに入れておくと良いですよ。

猫用の乳歯ケース

いろんな歯の箱 イロハ 名入れ専用(高品質桐材)子乳歯入れ|犬の乳歯入れ|猫の乳歯ケース|【楽…

スポンサードリンク

いろんな歯の箱 イロハ 名入れ専用(高品質桐材)子乳歯入れ|犬の乳歯入れ|猫の乳歯ケース|【楽…
価格:1,933円(税込、送料別)

名前を入れてもらえる乳歯ケースです。高級桐材でできていますので、虫や匂いから歯を守ります。写真は犬のデザインですが、猫のデザインもあります。

ジュエリーボックスのように可愛らしいデザインの、英国製の猫用乳歯ケースです。これならお部屋に飾ることもできますね。

肉球柄が愛らしい猫用乳歯ケースです。天然木の高級桐でできていますので通気性が良く、長期間しっかりと保管してくれます。

まとめ

猫の乳歯は気が付いたら抜けていることが多く、抜けた乳歯を見つけられたらラッキーです。もし見つけられたら、乳歯は綺麗に保存しておきましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!