浅草羽子板市2015の時間は?値段の相場は?

浅草寺で行われる羽子板市は年末の風物詩です。

約50店の露店が立ち並び、約30万人の人が訪れる羽子板市の、2015年の日程と時間、羽子板の値段の相場などについてまとめました。

スポンサードリンク

浅草羽子板市2015の日程と時間

羽子板市の歴史は古く、江戸時代に正月用品や縁起物を売る店が境内に集まった「歳の市」が始まりです。

江戸末期ごろに羽子板に流行の歌舞伎役者を貼りつけたことから女性に人気を集め、明治以降は羽子板に重点が移り現在のような形になっています。

江戸情緒のある歌舞伎の絵柄の羽子板はもちろん、時事や人気タレントなどを題材にした変わり種羽子板など、いろいろな羽子板が並びます。

今年はどんな羽子板がお目見えするのか楽しみですね。

開催概要

日程:2015年12月17日(木)~19日(土)

時間:9時頃~21時頃

場所:浅草寺境内(東京都大東区浅草2-3-1)

お問い合わせ:浅草観光連盟 03-3844-1221

アクセス方法

・東武スカイツリーライン「浅草駅」より徒歩5分
・東京メトロ銀座線「浅草駅」より徒歩5分
・つくばエクスプレス「浅草駅」より徒歩5分
・都営地下鉄浅草線「浅草駅」A4出口より徒歩5分

駐車場はありませんので、車ではなく公共交通機関で行くことをお勧めします。

スポンサードリンク

浅草羽子板市2015で値段の相場は?

羽子板市で売られる羽子板の値段は、500円くらいのものから数十万円までと、幅が広いです。

羽子板には値札がついていませんので、初めて行かれた場合にはちょっと気後れしてしまうかもしれません。

中には値段が付いているものもありますが、基本的にはお店の人に値段を聞いてから、価格交渉をして値段が決まります。

値切って安くしてもらった分の金額はご祝儀として渡すのが粋とされています。

ただ、慣れない場合だと価格を交渉するのは難しいかもしれませんので、そのときには最初から言われた値段で買うと良いかと思います。

大まかな目安としては、お店の下の赤台に並べられているものや小ぶりの物は3000円~5000円くらい、標準的なサイズのものが10,000円~20,000円くらいのようです。

露店の奥の方に飾られている豪華なものになると数十万円するものもあるそうですよ。

ミニサイズの可愛らしい羽子板でしたら価格も安くて手頃ですから、記念にそういったものを買うのも良いのではないでしょうか。

まとめ

羽子板市はいろいろな羽子板が並びますから見ているだけでも楽しめます。その年の世相を反映していますから、今年はどんな羽子板が並ぶのか楽しみですね。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

東京おもちゃショー2015の日程や入場料は?混雑予想は?
ぐんまフラワーパークイルミネーション2016の期間と料金!アクセス方法
ワンダーフェスティバル2015夏の日程は?参加方法やコスプレは?
鳥人間コンテスト2015の日程は?場所やアクセス方法は?
浅草ほおずき市2015の開催時間は?場所は値段は?
フランス映画祭2015の日程は?会場は有楽町のどこ?
神戸イルミナージュ2016-2017の期間とチケット!アクセス方法は?
大曲花火大会2016の日程と桟敷席の購入方法!
テイルズ オブ フェスティバル2015の出演者や座席は?物販は?
浅草サンバカーニバル2015の日程やアクセス方法は?交通規制は?
世田谷ボロ市2015-2016の日程と最寄り駅は?
メトロックに行くなら服装や持ち物は?飲食はどうする?
有田陶器市への電車でのアクセスと臨時列車!宅配便はある?
有田陶器市2015の日程は?駐車場やアクセス方法は?
大阪モーターショー2015の日程やチケットは?アクセス方法は?

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!