室内犬の留守番時の暑さ対策はどうする?暑さ対策グッズは?

犬が苦手とする暑い季節がやってきましたね。

日中家族が仕事や学校でいない間に犬だけを留守番させる場合、夏場は特に部屋が暑くなるので心配ですよね。

犬だけを家の中で留守番させる場合の暑さ対策や、暑さ対策に便利なグッズなどを紹介します。

スポンサードリンク

室内犬の留守番時の暑さ対策はどうする?

夏場は室内でも日中は30度を超えてしまうことはよくあります。

高温多湿な日本の夏は、暑さに弱い犬にとってはとても過酷な環境です。

夏場、室内犬を留守番させるときには、どんな暑さ対策が有効なのでしょうか?

まずは、留守番時の室内がどのくらいの暑さになっているのかを確認しておきましょう。

【室内犬の暑さ対策】

カーテンを閉めて直射日光を遮る

カーテンを遮光カーテンにして 直射日光が部屋に入らないようにすることで、ある程度は室温の上昇を防ぐことができます。

エアコンをつける

電気代がかかってしまうのが難点ですが、エアコンで室温を下げてしまうのが一番手っ取り早い方法です。

エアコンをつけるときには設定温度を下げ過ぎないように気を付けましょう。

あまり部屋を冷やし過ぎると、逆に体調を崩したり下痢になったりしますので、どのくらいの温度だと犬が快適にしているかをみてあげてください。

ケージに入れておくときにはエアコンの風が直接当たらない場所にケージを置くようにしましょう。

電気代が気になる場合には、タイマー機能を使ったり、扇風機や冷却グッズを併用するのもお勧めです。

扇風機を使う

犬は人間のように体に汗をかかないので、直接扇風機の風を当ててあげても、人間のような効果は期待できません。

ただ、扇風機を使うことで冷気が室内で万遍なく行きわたるようにすると、冷房効果が高まりますので、エアコンと併用することで効果を発揮します。

扇風機を使う場合には留守中に犬が悪戯をして怪我をしないように、壁などの犬が届かない場所に設置したり、犬をケージに入れておくなどした方が良いです。

飲み水を切らさないようにする

スポンサードリンク

水分補給ができるように、水は十分な量を用意しておきましょう。氷を入れて温まらないようにしたり、こぼしてしまったときのために複数用意しておくと良いですよ。

冷却グッズを活用する

エアコンをつけておいても、停電などでエアコンが止まってしまったり、突然故障してしまうこともあります。

そんなときのために、ペット用の冷却マットや凍らせたペットボトルなどを用意しておくと良いですよ。

室内犬の暑さ対策グッズ

犬用の暑さ対策はいろいろなものが販売されています。

中でも便利な物を紹介します。

ペット用冷却マット

冷蔵庫で冷やして使う物や、保冷剤が入っているものなどがあります。

保冷剤が入っているマットは噛み癖のある子には要注意です。留守中に齧って遊んでしまい、保冷剤の袋や中身を食べてしまう恐れがあるからです。

最初は必ず犬が使っている様子を見ておきましょう。

アルミマット

アルミ製のマットは体温で温まりやすいのと、犬によっては金属なので肌触りなどを嫌がって乗らない場合もあります。

大理石マット

ペット用の大理石マットは長い間乗っていてもひんやり感が持続します。噛み癖がある犬でも破ったりする恐れがないので安心です。

凍らせたペットボトル

最もお金がかからなくて簡単に作れる冷却グッズです。

1リットルくらいのペットボトルに水を入れ(冷凍した際に膨張して破裂する恐れがあるので、7分目くらいまで)、冷凍庫で凍らせます。

タオルでくるんで良く犬が涼んでいる場所に置いてあげると、その場所だけでもひんやりしますし、顔を乗せたりして涼むこともできます。

ただし、ペットボトルの蓋をおもちゃにしてしまう恐れがあるので、蓋が露出しないようにしっかりとくるむか、袋状の布に入れるなどして、蓋が取れないように気を付けましょう。

初めて使うときは犬の様子を確認しておいた方が良いです。

まとめ

地域や家の立地条件などにもよりますが、夏場の室内は思った以上に暑くなることがありますから、暑さ対策をしっかりしてワンちゃんが快適に過ごせるようにしたいですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!