子供の日焼けのアフターケアは?赤い時や痛い時は?

夏場は海やプールなど外で遊ぶ機会も多く、ちょっと油断しただけで子供が日焼けをしてしまって困ることがよくあります。

子供がひどく日焼けしてしまったときのアフターケアの方法や、赤い時や痛い時の対処法を紹介します。

スポンサーリンク

子供が日焼けしてしまったときのアフターケア方法

海やプール、キャンプなど、長時間日差しが当たるところで遊んでいると、想像以上にひどく日焼けしてしまうことがあります。

遊んでいる間は夢中なので気づきにくいですが、あとから日焼けしたところが赤くなっていたり、ヒリヒリと痛み出して気づくんですよね。

子供が日焼けしてしまったときも、大人同様アフターケアは必要です。

【日焼けのアフターケア方法】

冷やす

保湿をする

日焼けのアフターケアとしては、「冷やす」と「保湿」の2つが重要です。

日焼けをすると、肌が火照って熱をもっていますので、まずは冷やしましょう。

氷やアイスノンをタオルやガーゼでくるんで日焼けした場所に当てます。もし氷やアイスノンがないときには、冷水に浸してしぼったタオルでもいいです。

氷やアイスノンは直接肌に当てないように、また、冷やすときに肌をこすらないように気を付けてください。

日焼けした肌は乾燥していますので、しっかり冷やして肌の火照りが取れたら、化粧水で保湿をしてあげましょう。

安価なものでもかまいませんので、なるべく低刺激性で保湿力のある化粧水が良いです。

肌が敏感なお子さんの場合は、使う前にパッチテストをしておきましょう。

消炎効果があり日焼けに効果が高い「カーマインローション」をお持ちでしたら、それを使うと良いですよ。

スポンサーリンク

お風呂はしばらくシャワーにして、日焼けした場所をゴシゴシこすったりしないように気を付けましょう。

子供が日焼けして赤い時はどうする?

日焼けして赤くなるのは肌の炎症反応によるものです。

肌が赤くなって火照っている場合でしたら、まずは冷やしてから保湿をします。

ただ、場合によっては全体的に赤くなるのではなく、部分的に赤いポツポツがでる場合があります。

日光にあたることが原因となって、日光湿疹(日光皮膚炎)が発症することがあるんです。

日光湿疹が出ると痒くなりますので、痒い時にはかかずに冷やし、早めに病院に行って診てもらいましょう。

子供の場合ですとどうしても痒いと我慢できずにかいてしまい、悪化させてしまう恐れがあります。

病院で塗り薬をもらって塗れば痒みも治まりますし湿疹も治りますので、まずは一度受診することをお勧めします。

子供が日焼けして痛いときはどうする?

日焼けして肌が赤くなったりヒリヒリと痛むのは、肌が炎症をおこしているからです。

これは軽い火傷と同じ状態なんです。

ですから、ヒリヒリと痛むときはしっかりと冷やしましょう。

肌の痛みだけでなく水疱が出たり、発熱や頭痛、嘔吐などの症状が出たときにはすぐに病院に行きましょう

重症の日焼けは火傷と同じですから、侮れません。

特に小さなお子さんの場合はまだ肌も弱いですから気を付けた方が良いです。

まとめ

日焼けは予防するのが一番です。急激に日焼けしてしまわないように、海水浴やプールなど、長時間外で遊ぶときにはしっかり日焼け対策をしておきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

赤ちゃんとの新幹線でベビーカーは必要?置く場所は?
赤ちゃん用の布団は必要?大人用ではダメ?
赤ちゃんに枕は必要?使わないと頭の形が悪くなる?
妊娠中はムダ毛が濃くなる?ムダ毛処理はどうすればいい?
妊娠中に足がつる理由と対処法!予防法はある?
赤ちゃんとのドライブはいつから?時間は?注意することは?
授乳中に甘酒を飲んでも大丈夫?米麹ならOK?効果はある?
赤ちゃんの耳掃除の頻度は?どこまでする?嫌がる場合は?
妊娠中の脇の黒ずみは放っておいても大丈夫?ケアした方が良い?
赤ちゃんの髪の毛が抜けるのは何故?放っておいても大丈夫?
新生児のしゃっくりの原因と止め方!止まらないときはどうする?
子供が鼻に異物を入れてしまったときの対処法
子供が鼻をかむことができるのはいつから?教え方は?
赤ちゃんの熱中症のサインは?対策や予防法は?
赤ちゃんの虫除けはいつから?ディートは危険?安全なのは?

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!