紫外線対策に効果が高い日傘の色は?

紫外線が強くなってくると、紫外線対策として日傘を使う方も多いことでしょう。

日傘も売り場に行くといろんな色のものがありますから、どれにしようか迷ってしまいますよね。

紫外線対策に効果が高い日傘の色や、日傘の選び方についてご紹介します。

スポンサーリンク

紫外線対策に効果が高い日傘の色は何色?

色による効果の違い

最近は日傘もカラフルなものが増えてきましたね。

日傘を選ぶときに、何色が最も日差しを防いでくれるのか迷いませんか?

私もいくつか日傘は使いましたが、日傘によってさして歩いたときの体感温度なども随分違いがありました。

まずは、色による違いをみていきましょう。

ざっくり白系と黒系にわけてみると、白と黒では効果に以下のような違いがあります。

【白い日傘】

 ・光を反射して紫外線を防ぐ

 ・照り返しの紫外線は防げない

【黒い日傘】

  ・光を吸収して紫外線を防ぐ

  ・照り返しの紫外線も防げる

  ・熱を吸収してしまうので暑い

紫外線は照り返しもありますから、照り返しの紫外線も防いでくれるという点では黒の方が効果があります。  

スポンサーリンク

大切なのは色よりもUVカット率

単純に色だけで比較すると白よりも黒の方が紫外線を防ぐ効果は高いのですが、日傘の場合は紫外線をどのくらい防いでくれるかは生地にも左右されます。

今は生地自体にUVカット加工がされていますので、色に関わらず紫外線はカットしてくれるんです。

日傘を選ぶときにはUVカット率が高いものを選べば、色は好きな色を選んでも大丈夫です。

デザインが可愛いものはUVカット率が低い場合もありますので、購入する際は必ずUVカット率がどのくらいかを確認すると良いですよ。

外側と内側で色が違っているデザインの日傘もありますから、照り返しも防いでしっかり紫外線対策をしたい場合には、内側が黒のものを選んでおくと良いですね。

・UVカット率が100%に近い
・外側は白または白に近い色
・内側は黒または黒に近い色

このような日傘だと、紫外線も照り返しも防いでくれますし、傘が熱を吸収して暑いというのも避けられると思います。

遮熱効果がある生地を使った日傘なら、黒でも熱を吸収して暑いことが少ないので、黒地の傘を選ぶのであれば遮熱効果があるものがおすすめです。

私も使っていますが、以前使っていた遮熱効果がない日傘に比べると真夏の日中に歩いたときの暑さが違いました。

まとめ

日傘は生地によってUVカット率が違いますので、UVカット率が高いものであればどの色を選んでも大丈夫です。

遮熱効果もあるタイプを選ぶと、黒などの色の濃いものでも熱を吸収して暑くなることが少ないので良いですよ。

CHECK!>>紫外線対策で目はどうする?目薬は効果ある?

CHECK!>>紫外線は髪の毛に影響がある?ダメージの対処法は?

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!