赤ちゃんがいる部屋の暖房器具で安全なのは?省エネなのは?

赤ちゃんと迎える初めての冬。

冬場は暖房器具が必要になりますが、大人だけの生活と違って赤ちゃんのいる部屋に置く暖房器具は何が良いのか迷いますよね。

赤ちゃんが過ごす部屋に置く暖房器具で安全なものや省エネなものについてまとめました。

スポンサードリンク

赤ちゃんがいる部屋の暖房器具で安全なのは?

寒くなってくると暖房器具が必要になってきますが、赤ちゃんがいる部屋に使う暖房器具はどんなものが良いのでしょうか?

赤ちゃんはまだ体温調節が上手にできませんから、室温を快適に保ってあげたいもの。

かといって、あまり空気が汚れたり乾燥したりするのも避けたいですから、そうするとファンヒーターはやめた方がよいのかなとか、火傷の恐れがあるから石油ストーブは危ないなとか、迷ってしまいます。

冬場の暖房器具の主だったものとしては、

・エアコン
・ファンヒーター
・石油ストーブ
・ハロゲンヒーター
・オイルヒーター
・パネルヒーター

などがあげられます。

安全面で考えると、お勧めなのはエアコン、オイルヒーター、パネルヒーターです

ファンヒーターや石油ストーブは熱い風がでたり本体が熱くなったりするため、赤ちゃんがもし触ってしまったときに火傷をする恐れがあり、空気も汚れて乾燥しますので、換気が必要になります。

その点、エアコンやオイルヒーター、パネルヒーターは火傷をする心配がなく、空気も汚さないので赤ちゃんのいる部屋で使うのに安心です。

スポンサードリンク

ただ、オイルヒーターやパネルヒーターはファンヒーターなどに比べると部屋を暖めるのに時間がかかりますし、マンションのように密封性の高い建物じゃないと部屋全体が暖まらなくて寒いという欠点もあります。

お住みの地域や住宅のつくりなどによっては、オイルヒーターやパネルヒーターだけでは寒くて使えないということもありますのでご注意ください。

もちろん、ファンヒーターが絶対ダメというわけではありませんので、ファンヒーターを使う場合には換気をこまめにしたり、赤ちゃんが火傷をしないようにファンヒーターガードを設置するなどすれば大丈夫ですよ。

赤ちゃんがいる部屋の暖房器具で省エネなのは?

赤ちゃんがまだ小さいうちは夜中にも授乳をしますから、一日のほとんどを暖房器具をつけているということも珍しくはありません。

そうなると、気になるのは電気代ですよね。

安全面では優れているオイルヒーターやパネルヒーターは、電気代がかかるのが欠点です。

今では大分性能も良くなって電気代があまりかからないものもありますが、寒い地域では部屋全体を暖めようとするとやはり電気代がかさみます。

機種にもよりますが、安全で省エネということになると、エアコンが良いですね。

オイルヒーターやパネルヒーターも、エアコンで部屋全体を暖めてから使うのであれば、電気代の節約にもなりますし部屋が暖まらずに寒い思いをすることもないので、使い方を工夫してみるのも良いでしょう。

まとめ

赤ちゃんのいる部屋は温度だけでなく湿度にも気を付けましょう。室内温度は20~23℃、湿度は40~60%程度を保つようにしてください。

温度や湿度はこまめにチェックして、赤ちゃんが快適に過ごせるようにしてあげたいですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


関連記事

赤ちゃんの水着の選び方!サイズや着せ方は?
赤ちゃんに枕は必要?使わないと頭の形が悪くなる?
産後のお腹の黒ずみの原因は?ケアすれば消える?
妊娠中の花粉症対策!妊婦でも飲める花粉症に効果があるお茶は?
赤ちゃんの脂漏性湿疹が頭皮にできる原因とケア方法!
子供の歯へのフッ素塗布はいつから?料金は?間隔はどのくらい?
1歳の子の新幹線での過ごし方は?おもちゃや座席はどうする?
赤ちゃんの爪の切り方!いつ切る?どのくらい切る?
赤ちゃんのおむつかぶれの対策と予防
子供が鼻をかむことができるのはいつから?教え方は?
赤ちゃんの洗濯物はいつから大人と一緒に洗う?洗剤はどうする?
赤ちゃんの虫除けはいつから?ディートは危険?安全なのは?
妊娠性湿疹はいつからできていつ治る?対処法は?
妊娠中の腰痛はいつから?腰痛を和らげる対策はある?
赤ちゃんが新幹線に乗れるのはいつから?席や持ち物は?

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!