ビニールプールが破れたり穴があいたときの修理方法!

夏場は子供の水遊びに大活躍するビニールプール。

使っているうちに破れたり穴があいたりしたときの修理方法をご紹介します。

スポンサードリンク

ビニールプールの修理方法

自宅で簡単に水遊びができるビニールプールは、子供が小さいうちは大活躍します。

子供ってほんと水遊びが大好きですよね。

夏場は暑くてなかなか思うように外で遊べないから、ビニールプールで水遊びをして外遊びの代わりにする方も多いのではないでしょうか。

ただ、遊んでいるうちにどこかに穴があいたり破れたりして、水が漏れてきてしまったり、プールがしぼんでしまうことがあります。

そうなると、買い替えるか修理するかで迷いませんか?

ビニールプールってそんなに長い期間使う物でもないですから、使い捨てにしてしまうのは勿体ないですよね。

小さな破れや穴くらいなら自分で修理することができますので、その修理方法をご紹介します。

空気が漏れている場所を特定する方法

まずは、穴があいていたり破れたりしている場所をみつけましょう。

大きな穴だと空気をたくさん入れれば空気が抜けるシューっという音がしますので見つけやすいのですが、小さな穴だとなかなか音や目視で見つけるのは難しいです。

そんなときは、以下の方法を試してみてください。

少し空気を入れた状態で水を張ったお風呂の中に沈める

空気が漏れている場所から泡がでますので、穴があいていたり破れたりしている大体の場所を特定できます。

しゃぼん液か中性洗剤を水で薄めたものをビニールプールに塗る

空気が漏れている場所からしゃぼん玉が膨らんでくるので、穴があいたり破れたりしている場所が特定できます。

穴があいている場所は一か所とは限りませんので、できるだけビニールプール全体を調べておくと二度手間にならずにすみます。

スポンサードリンク

ビニールプールの修理方法

補修用のシールやシートがある場合

ビニールプールに補修用のシールやシートが付属している場合は、穴があいたり破れたりした部分にそれを貼りましょう。

シールを貼るだけだと剥がれてきてしまうことがありますので、接着剤で貼ると良いです。

接着剤はビニールプールの素材(たいていは塩化ビニール)に合うものを使ってください。

付属の修理シールやシートがない場合

修理用のシールやシートが付属していない場合は、ビニールプールと同じ素材のものを用意します。

ビニールプールの素材が塩化ビニールならば、同じ素材のビーチボールで代用できます。

破れてしまったビーチボールがあればそれが使えますが、なければ100円ショップでしたらお手頃な価格で購入できます。

用意したビーチボールは穴よりも大きめの円形に切り取り、接着剤をビニールプールの補修した場所と円形に切り取ったビーチボールの両方に塗り、貼り合わせます。

貼りつけたところは気泡が残らないように空気を追いだし、両手で挟んで密着させましょう。

1日程度放置して、しっかりと乾燥させてから使うようにしてください。

このような補修用のパッチも売っていますが、100円ショップでビーチボールを買う方が安上がりかなと思います。

しまうときの注意点

ビニールプールを使い終わってしまうときは、補修した部分を折り曲げないように気を付けましょう。

折り曲げてしまうとせっかく修理したのがまた裂けてしまいます。

また、ビニールプールはきれいに洗って、砂利や小石がついたままにならないように注意してください。砂利や小石が挟まったまま畳んでしまうと破れたり穴があいたりする原因になることがあります。

まとめ

ビニールプールの修理方法についてご紹介しました。

ビニールプールを使う際には、直接地面の上にプールを置くのではなく、綺麗に砂や砂利を払ったブルーシートなどを2~4つ折りにして 下に敷くようにすると破れにくくなりますよ。

スポンサードリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




CAPTCHA


Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!