りんご病は大人にもうつる?症状や治療法は?

りんご病は4~6年毎に流行し、春から初夏にピークを迎える病気です。

子供の場合は初めに頬がりんごのように赤くなることから「りんご病」と呼ばれています。

りんご病は大人にもうつるのか、うつったときに出る症状や治療法についてまとめました。

スポンサーリンク

りんご病は大人にもうつる?

りんご病は正式名称を「伝染性紅斑」といいます。

「ヒトパルボウィルスB19」というウイルスが原因で発症する病気で、咳やくしゃみなどによる飛沫感染や、接触感染によってうつります。

潜伏期間は1~2週間程度で、頬の赤みや発疹などと言った症状が出始めたときには感染力を失っています。

りんご病だとわかるような症状が出る前に感染してしまうのが厄介な病気ですね。

子供に多い病気なので子供の病気と思われがちですが、大人にもうつる病気です。

大人が感染した場合、子供よりも重症化する傾向があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

りんご病に大人がかかったときの症状は?

子供の場合は頬が赤くなりますが、大人がかかっても子供のように頬が赤くなることは少なく、以下のような症状がよく表れます。

発疹(手、腕、太ももなどに赤い斑点がでる)

かゆみ

関節痛

発熱

強い倦怠感

発疹や関節痛といった症状は大体1週間くらいで治まってきますが、症状が長引いたりぶり返したりすることがあります。

長引いた場合でも3~4週間程度で治ることがほとんどです。

また、関節痛が酷い場合は指が曲がりにくくなったり、階段の上り下りが辛くなったりして、日常生活に支障をきたしてしまうこともあります。

子供のように頬が赤くならないのでりんご病だとわからず、他の病気と間違えられることがあります。

りんご病に大人がかかったときの治療は?

りんご病の特効薬はありませんので、対症療法をしながら自然治癒していくのを待ちます。

発熱した場合には解熱剤が処方されたり、関節痛が酷い場合には鎮痛剤が処方されたりします。

症状が辛い時には病院を受診して薬を処方してもらうといいでしょう。

受診する科は呼吸器科もしくはアレルギー科です。

まとめ

りんご病は一度かかると抗体ができるので、二度とかからない病気だと言われています。

子供の頃にかかったことのない方は、りんご病が流行っているときにはマスクを着用してうがいや手洗いを徹底して予防に努めましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

はしか(麻疹)の予防接種の大人の回数や副作用は?値段は?
マイコプラズマ肺炎は赤ちゃんにうつる?症状や治療は?
ヒノキ花粉症の時期や症状は?注意したい食べ物は?
インフルエンザ予防接種は妊婦は受けられる?時期や副作用は?
子供の花粉症は何科を受診する?検査や治療は何をするの?
手足口病は大人にうつる?症状は?どのくらいで治る?
ヘルパンギーナの大人の症状や治療は?仕事はどうする?
溶連菌は大人にもうつる?症状は?仕事は休むべき?
RSウイルスの赤ちゃんに出る症状は?治療や予防法は?
妊娠中に子供がりんご病にかかったらどうすればいい?
9月に花粉症?!原因と症状は?秋の花粉症対策は?
インフルエンザにかかった時のお風呂は乳幼児はどうする?
子供の水いぼはうつる?病院は何科?プールはダメ?
マイコプラズマ肺炎は大人にうつる?症状は?仕事は休むべき?
ロタウイルスの予防接種はいつからできる?副作用や費用は?

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!