ものもらいとウイルス性結膜炎の違いは?併発することはある?

ものもらいとウイルス性結膜炎は充血や目やになど似ている症状があります。

ものもらいと結膜炎はどう違うのかについてまとめました。

スポンサーリンク

ものもらいと結膜炎の違いは?

目が充血して目やにが出たり、かゆみや痛みがあるときに、ものもらいなのか結膜炎なのか、判断がつかなくて迷いませんか?

症状が似ているので、紛らわしいのですが、ものもらいと結膜炎は原因も違いますし人にうつるかどうかも違います。

まず、ものもらいの原因は細菌です。

細菌がまぶたの皮脂腺やまつげの根元に入り込むことで化膿性の炎症を起こすことで起こります。

これを麦粒腫(ばくりゅうしゅ)といい、まぶたが赤く腫れたり、まばたきのときなどに痛んだり、目が充血したりゴロゴロしたりといった症状が出ます。

もう一つものもらいには霰粒腫(さんりゅうしゅ)というのがあり、こちらはまぶたのマイボーム腺が詰まることで起こり、まぶたが腫れたり、白いできものやしこりができたりします。

麦粒腫も霰粒腫もウイルスが原因ではありませんので、ものもらいは人から人にうつりません。

これに対して、ウイルス性結膜炎はその名の通りウイルスに感染して起こります。

炎症を起こすのは目の中の結膜です。

スポンサーリンク

ウイルス性結膜炎になると目が充血して目やにが増え、かゆみが出たりゴロゴロしたりしょぼしょぼしたりします。

私も以前なったことがありますが、鏡で見たときに明らかにおかしいなと感じるくらい、目が真っ赤になっていました。目やにも酷く、朝起きたときに目やにでまつ毛がくっついてしまい、目を開けるのが大変なくらいでした。

このウイルス性結膜炎は人から人へうつるので、それがとても厄介です。

結膜炎にかかっている人が目に触れた手はもちろん、触ったタオルやドアノブなどからも感染するので注意が必要です。

おかしいなと思ったら自己判断をせずに早めに眼科を受診しましょう。

ものもらいと結膜炎が併発することはある?

ものもらいと結膜炎は違う病気ですから、併発することもあります。

どちらも悪化させなければ目薬で治りますので、症状が出たら早めに眼科を受診するようにしましょう。

ものもらいは悪化すると手術で切開しなければならないこともありますし、ウイルス性結膜炎は人から人へうつりますから周囲の人にうつしてしまい、感染が広がる恐れがあります。

軽くみないで眼科に行くことをお勧めします。

まとめ

ものもらいとウイルス性結膜炎の違いについてまとめました。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

ブヨ対策にはハッカ油が効く!ハッカ水の作り方
ロタウイルスの予防接種はいつからできる?副作用や費用は?
ノロウイルスは感染すると免疫がつく?持続期間は?
インフルエンザの予防接種は高齢者は2回?費用や副作用は?
ノロウイルスに妊婦が感染した場合の症状と治療は?
おたふく風邪に大人が感染した場合の症状や潜伏期間は?治療は?
りんご病は大人にもうつる?症状や治療法は?
子供の花粉症は何科を受診する?検査や治療は何をするの?
水いぼは赤ちゃんにもうつる?予防法や治療法は?
水いぼは大人にもうつる?治療法は?自然治癒する?
ヘルパンギーナは赤ちゃんにもうつる?母乳や食事はどうする?
インフルエンザの予防接種は赤ちゃんも受けられる?回数や副作用は?
秋に流行する病気で子どもや赤ちゃんが気を付けたいのは?
蜂に刺された場合の処置は?尿は効く?病院にいくべき?
おたふく風邪は赤ちゃんにうつる?症状は?予防接種は必要?

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!