母の日は花束と鉢植えどちらが良い?相場はいくら?宅配できる ?

5月の母の日。

社会人になり、今年は初めて母の日に花を贈ってみようかなと考えている方も多いことでしょう。

母の日はいつもお世話になっているお母さんへ日頃の感謝の気持ちを伝える良いチャンスです。

普段は照れくさくて言葉にはできないけれど、お花を贈るという形で気持ちを伝えられたら素敵ですよね。

でも、花を贈るとなると花束が良いのか鉢植えが良いのか、いくらくらいが相場なのかなど迷ってしまいます。

ここで一度確認しておきましょう。

スポンサードリンク

母の日に贈るなら花束と鉢植えどちらが良い?

基本的に、子供からのプレゼントならたいていのお母さんは何でも喜んでくれます

母の日に自分のために子供がプレゼントを贈ってくれたというその気持ちがまずは一番うれしいですからね。

花束にしても鉢植えにしても、きっと喜んでくれるでしょう。

もし、どちらにするかで迷ったら、お母さんがどのくらい花の世話をするのが好きかで選んでみてはどうでしょうか。

鉢植えは花束よりも手間がかかりますし、花が枯れてしまった後の処理にも困るかもしれません。

花束なら鉢植えほど手入れをしなくても良いですから、もらった方の負担は少なくすみます。

また、普段からあまりご自宅にお花を飾らないお母さんの場合は、フラワーアレンジメントの方がより手間がかからず良いかもしれませんね。

フラワーアレンジメントだとそのまま置いて飾れるようになっていますから、花瓶を用意した利する必要がない分手軽です。

母の日の花束の相場はいくら?

社会人の場合ですと、相場は5000円程度です。

スポンサードリンク

ただ、まだ社会人になったばかりだと経済的に厳しくて5000円はちょっと…ということもありますよね。

大切なのは母の日に花を贈ろうという気持ちであって値段ではありませんから、無理はしないで自分が出せる範囲で良いでしょう。

母の日用の花束は3000円前後くらいからありますので、自分の予算に合わせて選びましょう。

母の日になるとカーネーションはどうしても普段よりも高くなりますから、予算があまりない場合は花束だともしかしたらあまりボリュームが出ないかもしれません。

フラワーアレンジメントだとボリュームが少なくても可愛らしくアレンジしてありますから、小ぶりのものでも見栄えがするのでオススメです。

母の日の花束は宅配できる?

母の日の花束は宅配で届けてもらうことができます。

花キューピットのように注文したお店から配達場所に一番近い加盟店に連絡が行って、そこの花屋さんが配達するタイプと、注文したお店が直接宅配するタイプがあります。

お店によって箱代や送料、手数料が違いますから、その点注意が必要です。

大抵のお店では花束代の他に送料がかかりますから、花を選ぶときにそのことも頭においておきましょう。

ネットで注文を受けているお店も多くありますから、ネットで注文して宅配してもらうこともできますし、近くのお花屋さんから送ってもらうこともできます。

郵便局でも母の日用の花束のギフトを取り扱っており、送料込みで3000円前後からありますので、そちらも便利です。

まとめ

母の日用の花束は花の種類も金額も様々な物がありますから、ご自分の予算と相手の好みに合わせたものを選びましょう。素敵な母の日の贈り物になると良いですね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

赤城南面千本桜の開花はいつ?駐車場や周辺の宿は?
恵方巻の食べ方!切るのはダメ?醤油はつけても良い?
父の日のプレゼントで1000円以内でおすすめな物は?
お中元は両親にも贈るべき?相場はいくら?
今年の父の日はいつ?プレゼントの平均予算や人気なのは?
幼稚園の先生に暑中見舞いは出す?宛名や返事はどうする?
赤ちゃんへのお年玉はどうする?金額は?代わりにおもちゃはどう?
隅田公園の桜の見頃は?屋形船や水上バスからも見られる?
七夕の夜に天の川が見える方角や時間は?見方は?
新宿御苑でお花見の見頃は?飲食やお酒は?混雑状況は?
敬老の日は赤ちゃんからもプレゼントするもの?手作りが良い?
ひな人形の処分はいつする?処分の仕方は?
父の日に贈る花は何?色や花言葉は?
船岡城址公園の桜の見頃は?桜まつりや駐車場は?
暑中見舞いの時期はいつからいつまで?喪中の場合は?

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!