父の日に贈る花は何?色や花言葉は?

6月の第三日曜日は父の日ですね。

母の日に贈る花はカーネーションが定番ですが、父の日に贈る花が何か知っていますか?

父の日にも定番の花があるのですが、意外と知られていないんです。

父の日に贈る花は何なのか、色や花言葉なども併せてこちらで確認しましょう。

スポンサーリンク

父の日に贈る花は何?

母の日に贈る花がカーネーションなのに対して、父の日に贈る花はバラが定番となっています。

どうしてバラを贈るようになったのでしょうか?

それは、父の日の始まりに関係しています。

父の日がアメリカで制定されるようになったきっかけは、ジョン・ブルース・ドット夫人が1909年に「母の日があって父の日が無いのはおかしい。父の日もつくって下さい。」と、『牧師協会』へ嘆願したのがきっかけでした。

7年後の1916年に「父の日」が認知されるようになり、1972年になってようやくアメリカでは父の日が国民の祝日となりました。

この、父の日ができるきっかけを作ったドット夫人が亡き父親のお墓に白いバラを備えたのが、父の日にバラを贈るようになった由来だと言われています。

父の日に贈る花の色は?

母の日ではお母さんが健在の場合は赤いカーネーションを、亡くなっている場合は白いカーネーションを贈りますよね。

父の日も、お父さんが健在の場合は赤いバラを、亡くなっている場合は白いバラを贈ります。

スポンサーリンク

また、アメリカでは父の日には黄色いバラを贈るのが主流です。

これは黄色いバラに「身を守る」という意味があるためです。

日本でも父の日というと黄色のバラというのが最近では定着してきていますが、それは、日本ファーザーズ・デイ委員会が黄色を父の日のイメージカラーとしているのが一因と考えられます。

父の日に贈る花の花言葉は?

最後に、それぞれの花言葉を確認しておきましょう。

バラは色が違うと花言葉の意味も変わってきます。

・赤いバラ…情熱、愛情、美、あなたを愛します
・白いバラ…心からの尊敬、純潔、相思相愛、約束を守る
・黄色いバラ…友情、献身、嫉妬、薄らぐ愛、別れましょう
・ピンクのバラ…温かい心、感謝、上品、気品
・オレンジのバラ…絆、信頼、すこやか

黄色いバラは「嫉妬」や「別れ」といったあまり良くない意味もありますので、その点注意が必要です。

男性だとあまり花言葉なんて気にしないという方も多いかもしれませんが、心配ならば黄色いバラ一色の花束ではなく、他の色のバラを組み合わせた花束にしておくといいでしょう。

贈り物ですから、お父さんが喜んでくれるように、一番好きな色を贈るのも良いですね。

また、他に好きな花があるのなら、バラにはこだわらずお好きな花を贈ってあげた方が喜ばれるでしょう。

まとめ

母の日と違って父の日に花というイメージは少ないかもしれませんが、たまには花を贈ってあげると喜ばれるかもしれませんよ!

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

お盆玉はいつからの風習?相場や専用のポチ袋はある?
岩手公園の桜の開花情報と桜祭りやライトアップ情報!
芦野公園の桜の開花はいつ?桜祭りの駐車場や花火はある?
母の日のプレゼントで40代のお母さんへのおすすめを予算別に紹介!
ひな人形の処分はいつする?処分の仕方は?
赤城南面千本桜の開花はいつ?駐車場や周辺の宿は?
七夕飾りの処分はいつする?処分方法は?神社に頼める?
母の日で義母への予算は?おすすめは?渡し方はどうする?
幼稚園の先生に年賀状は出す?宛名はどうする?
プリザーブドフラワーで母の日に人気なのはカーネーション?安い?
母の日は花束と鉢植えどちらが良い?相場はいくら?宅配できる  ?
お盆にお墓参りに行くのはなぜ?行けない場合はどうする?
孫の日はいつからなぜ始まったの?
お中元は両親にも贈るべき?相場はいくら?
北上展勝地の桜の開花時期はいつ?アクセス方法や駐車場は?

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!