暑中見舞いとお中元の違いは?両方贈る?お礼は兼ねても良い?

日頃お世話になった方に贈るお中元。

お中元と暑中見舞いはどこが違うのか、両方出すべきかなどをお知らせします。

スポンサーリンク

暑中見舞いとお中元の違いは何?

お中元も暑中見舞いも、日ごろお世話になっている方に贈り物を贈ることでは同じです。

違うのは、贈る時期です。

一般的に、東日本地方では「お中元」は7月初旬から7月15日までに贈る物を言います。

7月15日を過ぎてしまった場合、7月16日から8月15日までに贈るのが「暑中見舞い」です。

8月16日以降は、「残暑見舞い」として贈ります。

西日本ではお中元は8月15日までという地域が多いので、その場合は8月15日までは「お中元」、8月16日以降は「残暑見舞い」として贈ります。

お中元を贈る時期は地域ごとによって違いがあります。

そちらについてはこちらの記事でまとめてありますので、参考にしてください。

お中元の時期はいつからいつまで?遅れたらどうする?

スポンサーリンク

暑中見舞いとお中元は両方贈るべき?

贈り物を贈る「お中元」や「暑中見舞い」とはがきで近況報告をする「暑中見舞い」はまったく意味合いが違いますので別の物です。

お中元を贈った相手に暑中見舞いのはがきを出しても構いません。

お中元をもらったお礼状を別に出しているのならば、重ねて暑中見舞いのはがきを出さなくても良いと思います。

暑中見舞いとお中元のお礼は兼ねても良い?

暑中見舞いとお中元は時期が重なることが多いので、お中元のお礼状を兼ねた暑中見舞いのはがきを出すこともできます。

ただ、お中元の時期は地域によって異なりますので、お礼状を送る時期に気を付けましょう。

暑中見舞いのはがきを出すのは立秋(8月7日ごろ)までです。

それを過ぎてから出す場合には、暑中見舞いではなくて残暑見舞いとなりますので、残暑見舞いのはがきを出すようにしましょう。

まとめ

東日本と西日本ではお中元を贈る時期が異なりますので、贈る相手の住む地域ではいつごろまでがお中元なのかを確認してから贈るようにした方が良いですよ。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

喪中の時は初詣には行けない?合格祈願をしたい場合は?
七夕の夜に天の川が見える方角や時間は?見方は?
父の日におすすめのプレゼント!80代に喜ばれたもの!
母の日は花束と鉢植えどちらが良い?相場はいくら?宅配できる  ?
ハロウィンのかぼちゃの起源と意味は?使われる種類は?
父の日に贈る花は何?色や花言葉は?
暑中見舞いの時期はいつからいつまで?喪中の場合は?
婚約者の両親にお歳暮やお中元は贈る?贈らない?
北上展勝地の桜の開花時期はいつ?アクセス方法や駐車場は?
お盆にほおずきを飾るのはなぜ?飾り方は?いつまで飾る?
上野恩賜公園の桜の開花時期は?ライトアップや混雑状況は?
お月見に団子を供える意味は?団子の数や並べ方はどうする?
小金井公園の花見の見頃は?駐車場は?バーベキューはできる?
新宿御苑でお花見の見頃は?飲食やお酒は?混雑状況は?
町内会のお祭りの寄付の金額はいくらが相場?ご祝儀の表書きは?

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!