いとこの結婚式の女性の服装はドレス?着物?既婚の場合は?

いとこの結婚式に女性が参列する場合、親戚という立場なのでどういった服装で行けば良いのか迷いますよね。

ドレスが良いのか着物が良いのか。着物だったら訪問着が良いのか黒留袖が良いのかなど悩むところです。

今回はそんないとこの結婚式での女性の服装について、未婚と既婚の場合の違いも含めてご紹介します。

スポンサーリンク

いとこの結婚式の女性の服装は?

いとこの結婚式に出席する場合、新郎新婦の親族なので「ゲストの方々を迎える立場」で出席することになります。

一人だけ場違いな格好になってしまわないように、華やかさよりもフォーマルな服装を心がけましょう。

親族間で服装の取り決めがある場合もありますので、まずはご両親に相談してみると良いですよ。

フォーマルウェアの格

フォーマルウェアには格があり、高い順に「正礼装」「準礼装」「略礼装」となります。

結婚式では新郎新婦とその両親が最も格が高い「正礼装」を着用しますので、他の親族はそれよりも格下の「準礼装」の装いが最適です。

女性の場合はドレスやスーツ、着物を着て行くのが一般的です。

ドレス・ワンピース

露出が多いものやミニはNG

ドレスは露出が多いものを避け、膝丈くらいのものを選びましょう。肩が出るような露出の多いデザインやミニ丈のものはNGです。

ノースリーブのドレスやワンピースを着る場合は、上にボレロを羽織ると良いですよ。

ドレスの色

ドレスの色は白はもちろん、ベージュやクリームのような白に近い色合いの服はNGです(光の加減によって白に見えるため)。

黒にこだわらなくても良いので、落ち着いた控えめな色合いのものを選びましょう

上品で大人っぽい印象の紺はおすすめの色です。明るい色合いを着たい方は、落ち着いた桜色なども良いと思います。

スーツ

ビジネススーツはふさわしくありませんが、フォーマルスーツでしたらOKです。

結婚式にふさわしいフォーマルスーツは、ワンピース+ジャケットのワンピーススーツです。

こういった感じのデザインのものだと良いと思います。

パンツスタイルは最近結婚式でも着ている方をちらほら見かけますが、親族として出席する場合は避けた方が良いでしょう。

足を出したくない場合は、ロング丈のドレスやワンピース、着物にすると良いと思います。

スポンサーリンク

着物

着物は既婚と未婚で大きく違いがあります。

未婚女性の場合

・振袖

主に20代の方が着ます。

ただ、主役はあくまでも花嫁さんですので、花嫁さんを立てる気持ちを忘れないようにしましょう。

花嫁が和装する場合は同じ色や柄は避け、豪華な髪飾りなども控えた方が良いです。

・色留袖

地色が黒以外の留袖で、裾に模様が入っているものを色留袖と言います。

既婚女性が着る物と思われがちですが、未婚の方が着ても大丈夫です。

30代以上で未婚の女性は色留袖でOKです。

既婚女性の場合

・黒留袖

黒地五つの紋がある留袖で、裾に豪華な模様がある着物です。

五つ紋付きの黒留袖は既婚の女性が着用する最も格式が高い着物です。

新郎新婦の母、伯母・叔母、姉妹、従姉妹などの女性親族の装いとして一般的です。

・色留袖

色留袖も背中と両胸と両袖の後ろに五つ紋が入っているものは正礼装になります。

親族が全員黒留袖だと親族席が真っ黒になってしまいますので、色留袖でお祝いの場らしい華やかな雰囲気を出すのも良いでしょう。

ただ、「親族は黒留袖を着る」などの取り決めやしきたりが親族間である場合は従っておいた方が無難です。

訪問着はどう?

訪問着は格でいうと「略礼装」にあたります。準礼装よりも格下になりますね。

訪問着を着ても良いかどうかは、地域や家のしきたりによって変わってきますので、ご両親に確認してみると良いでしょう。

いとこの結婚式のアクセサリーや靴、バッグは?

アクセサリー

結婚式のアクセサリーはパールが一般的です。

結婚式では白いアクセサリーはNGですが、真珠(パール)だけは例外として認められています。

同じパールでもブラックパール(黒真珠)は結婚式にはふさわしくありませんので避けましょう。

また、コットンパール(綿をパール加工したもの)も結婚式のようなフォーマルな場にはふさわしくありません。

着物の場合はアクセサリーは結婚指輪だけに留め、アクセサリーはつけないのが基本です。

ミュールやサンダルなどのつま先やかかとが出ているものはNGです。

ドレスやスーツの色に合ったパンプスを選びましょう

またストッキングは肌色のものを選びます。生足は夏場でもNGですので気を付けてください。

バッグ

結婚式ではコンパクトなパーティーバッグが基本です。和装の場合は和装用のバッグを持ちましょう。

ビジネスシーンで使うような大きなバッグはNGです。

もし荷物が入り切らない場合はサブバッグを使うと良いですよ。

CHECK!>>結婚式にサブバッグは必要?選び方は?どこで売ってる?

まとめ

いとこの結婚式に出席する場合は、親族としての立場で出席するため、友人の結婚式以上にフォーマルな装いに気を配る必要があります。

地域や家によってしきたりが違う場合もありますので、まずはご両親や結婚式に参列する親族の方たちに相談してみると良いですよ。

CHECK!>>いとこの結婚式の服装は男性は礼服?スーツ?ネクタイは?

CHECK!>>いとこの結婚式に赤ちゃんを連れて行くのはOK?気を付けることは?

スポンサーリンク
  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

還暦に赤いものを贈る意味は?赤いものでおすすめなのは?
お葬式のサブバッグはどういうのが良い?紙袋はダメ?レースは?
いとこの結婚式の服装は男性は礼服?スーツ?ネクタイは?
香典は訃報をあとから知った場合も渡す?袋や表書きはどうする?
職場の人の結婚式の服装は女性はどういうのが良い?
いとこの結婚祝いの金額の相場は?結婚式なしや欠席の場合は?
お彼岸のお墓参りに相応しい服装や持ち物は?
お盆のお布施の相場は?書き方や渡し方はどうする?
入籍と結婚式の順番はどちらが先?別よりも同じ日の方が良い?
いとこの結婚式に赤ちゃんを連れて行くのはOK?気を付けることは?
お彼岸の墓参りでお布施は必要?金額や袋は?
喪中はがきの切手のマナーとは?料金別納はダメ?
お彼岸に結婚式を挙げるのは良くない?
お彼岸のお供えののしと表書きの書き方
お盆の仏壇のお供えは何が良い?のしは?お金でも良い?

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!