赤ちゃんの海水浴はいつから?必需品や注意することは?

夏になると海水浴に行きたくなる方も多いと思います。

赤ちゃん連れて海水浴に行きたいと考える方も多いことでしょう。

でも、大人と違ってまだ体温調節もうまくできない赤ちゃんを連れて行くのは心配ですよね。

赤ちゃんを海水浴に連れて行くのはいつからが良いのか、必要な物や注意点などを確認してみましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんを海水浴に連れて行くのはいつから?

赤ちゃんを海水浴に連れて行くのに、いつからでなければいけないという決まりはありません。

でも、まだおすわりができない月齢だとずっとパパやママが抱っこしていないといけないから大変ですし、赤ちゃんの体への負担も大きいです。

おすわりができるようになる、生後7か月以降の方が良いでしょう。

浜辺を短い時間お散歩するのならまた別ですが、赤ちゃんを海に入れるのならば、最低でもそのくらいの月齢になっていた方が良いです。

最初は少しずつ慣らすことから始めましょう!

いきなり海水浴では赤ちゃんにとって負担になってしまいます。

海に行く前に、肌を外気に触れさせる機会を作ったり、家庭用のビニールプールなどで水遊びをして水に徐々に慣らしておくことが大切です。

その上で、最初は少しずつ体をぬらしながら水の中に入るようにします。

赤ちゃんは体温調節が苦手なので、暑い日でも海水に入ると大人よりも体が冷えてしまいます。

最初のうちは時間もなるべく短めに抑え、2~3分くらいで水から出て様子を見ましょう。

大人は遊んだ気がしないかもしれませんが、あくまでも子供が楽しめることを中心にして、長くても一時間くらいを限度にするのがおすすめです。

赤ちゃんは海を怖がって入れないこともありますから、無理せず赤ちゃんの様子を見て、嫌がるようなら諦めることも肝心です。

赤ちゃんを海水浴に連れて行くときの必需品は?

海水浴というと水に入るための準備に意識が行きがちですが、赤ちゃんを連れての海水浴の場合、紫外線対策が最も重要となります。

海水よりもむしろ浜辺の強い紫外線の方が赤ちゃんの肌にとっては負担になりますから、紫外線対策をしっかりしておきましょう。

その点を踏まえて、用意しておきたいものを紹介します。

・タオル(多めに)
・食料や飲料の入ったクーラーバッグ
・粉ミルク、哺乳瓶、お湯の入った魔法瓶(ミルクで育てている場合)
・日焼け止め
・帽子(首まで隠れるもの)、長袖の服やラッシュガードなど
・着替え
・水着
・水遊び用おむつ
・ウェットティッシュ

以上は最低限必要なものです。

もし自分で歩けるくらいのお子さんを連れて行かれるのなら、サンダルのような足を熱い砂から守る履物もあった方が良いでしょう。

小さいビニールプールも、あると赤ちゃんを水遊びさせるのに便利です。
海水の温度が低い時にもビニールプールに水を溜めて日に当てておけば、冷たい水に赤ちゃんを入れる心配がありません。

砂遊びセットやビーチボールなどは、赤ちゃんの月齢によって必要であれば用意しておくと良いでしょう。

他には、万が一怪我をした時に備えて絆創膏や消毒液もあると安心です。

赤ちゃんの水着の選び方はこちらの記事を参考にしてください。

↓ ↓ ↓ ↓

CHECK!>>赤ちゃんの水着の選び方!サイズや着せ方は?

おむつはずれ前の赤ちゃんは、必ず水着の下に水遊び用のおむつを着用しましょう。

スポンサーリンク

赤ちゃんを海水浴に連れて行くときの注意点は?

海に入る時間帯

海に入る時間帯についてですが、赤ちゃんを連れて海水浴をするなら、日差しが強い午前10時から午後3時くらいまでは避けるようにしましょう。

赤ちゃんを海水浴させるなら、朝のうちか夕方の時間帯がベスト。

その時間帯でも日差しが当たる場所にいる時間は5~10分程度にしておいた方が良いです。

生後12か月くらいまではまだ体温調節がうまくできないので、大人にとっては少し冷たいと感じるくらいの水温でも、赤ちゃんにとってはとても冷たく感じます。

大人が冷たくないくらいの海水温度で、一度に海水に入れる時間は2~3分くらいにしておきましょう。

◆海水を飲まないように気を付ける

海に入るときには赤ちゃんが溺れないように気を付けるのはもちろんですが、海水を飲んでしまわないように気を付けてください。

海水を飲んでしまうと胃腸炎を起こしたり、皮膚、耳、目などの感染症にかかる危険性があります。

◆海水はすぐに洗い流す

海から出たらその都度海水を洗い流してあげるのも大切です。

赤ちゃんの肌には海水や潮風は強すぎるので、帰ってからではなくてその場で洗い流してあげましょう。

◆海の家を利用する

海辺は大変日差しが強くて気温も高くなりますから、テントやビーチパラソルでは暑すぎて赤ちゃんには厳しい環境となります。

必ず海の家などを利用して、涼しい日陰で休めるようにしておきましょう。

◆水分を多めに摂る

熱中症予防のためにも、いつもよりも水分は大目に摂るようにします。

◆食後や授乳の後すぐは海に入らない

食事をした後やミルクを飲んだ後すぐに海に入ると、胃や腸を刺激して吐いてしまうことがあります。

海に入るのは食後や授乳から30分~1時間開けてからがおすすめです。

◆帰ったら早めに休む

潮風に当たるのは体力を消耗しますから、帰ったら早めに休ませるようにしてあげましょう。

◆無理はしない

大人の海水浴に赤ちゃんを連れて行くのではなく、赤ちゃんを遊ばせるために大人が付いていくのだということを忘れずに。

水遊びが好きな子でも、海は怖がってしまうことがよくあります。

環境的にも紫外線が強く気温も高いので赤ちゃんには厳しい状況ですので、楽しく遊べないようならもう少し大きくなるまで待った方が良いですよ。

まとめ

赤ちゃんを連れての海水浴は、紫外線対策など注意点がいくつもあります。赤ちゃんが快適に過ごせるように気を付けて、楽しんできてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




関連記事

赤ちゃんの熱中症のサインは?対策や予防法は?
ハロウィンの絵本で幼児への読み聞かせに人気なのは?
赤ちゃんの脂漏性湿疹が頭皮にできる原因とケア方法!
赤ちゃんが新幹線に乗れるのはいつから?席や持ち物は?
妊娠性湿疹はいつからできていつ治る?対処法は?
子供の日焼けのアフターケアは?赤い時や痛い時は?
赤ちゃんに枕は必要?使わないと頭の形が悪くなる?
安産のお守りの処分の仕方!遠方の神社やお寺のお守りはどうする?
1歳の子の新幹線での過ごし方は?おもちゃや座席はどうする?
子供が鼻をかむことができるのはいつから?教え方は?
乳歯の生え変わり時期はいつから?遅い子はどうする?
赤ちゃんの虫除けはいつから?ディートは危険?安全なのは?
赤ちゃんとの新幹線でベビーカーは必要?置く場所は?
赤ちゃんのあせも対策と予防法!ベビーパウダーはダメ?
赤ちゃんが髪の毛をむしるのは何故?ストレスが原因?

Menu

HOME

TOP

error: Content is protected !!